本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















村上世彰と新自由主義の思想 (1) - リバタリアニズムの動機
b0087409_12331989.jpg村上世彰逮捕の余韻が続き、事件の意味づけをめぐって様々な声が上がっている。一般的な議論は、村上世彰の暴走を新自由主義に対する批判的な観点から捉えるものであり、行き過ぎた規制緩和政策が日本の経済社会に深刻な打撃を与えた問題に着目する立場である。一方で、検察の捜査の恣意性と裁量性に対する批判を交えつつ、「儲けた者を社会が過剰に敵視して、出る杭を打ってばかりでいいのか」といった検察批判の議論、すなわち新自由主義擁護の立場からの意見も決して少なくない。一昨日と昨日の「報道ステーション」では、繰り返しこの視点から加藤千洋と古館伊知郎がコメントを纏めていた。堀江貴文に続いて村上世彰までが証券取引法違反で逮捕されると、頑張って金を儲けることそのものが悪いことだという風潮が社会に蔓延して、日本の構造改革にブレーキがかかるのではないかという心配を言っているのである。電通と安倍晋三に言わされているのだろうか。



b0087409_13452737.jpg私はこれまで、ずっと新自由主義批判の論陣をブログ上で張ってきた。学術論文の形式と仕様ではないけれども、ブログの議論としては他と比較してそれなりに本格的な中身を持つ言説だったと思うし、ネット上で反小泉の世論形成運動を盛り上げる上での説得力に貢献してきたのではないかと密かに自負している。その反小泉ブロガー同盟の同志から、今年に入ってからのことだが、「何でもっと新自由主義の批判を続けないのだ」と不満と催促のメールを何度も頂戴していた。野口英昭怪死事件や偽メール事件の分析と追及では読者の期待が満たされないと言うのである。「民主党批判は小泉政権を利するから控えろ」という自粛要請ともセットになっていた。私は反論はしなかったが、心の中では「私のブログは特定党派の政治スローガンを連呼するベンディングマシンではありませんよ」と思っていた。私も都合のいい男ではないのだ。民主党のためにブログをやっているのではない。

b0087409_12333166.jpg半年を経て、気分の上で少しばかり変化が起き、真正面から純朴に新自由主義批判の熱弁を奮うことに億劫を感じ始めている自分に気づく。新自由主義の思想も決して全部悪いところばかりではないのだ。と言うよりも、新自由主義を批判する側が、新自由主義を学び吸収して、その方法や感性や技術を包摂して、自己のものとして、逆に新自由主義を凌駕する理論的な生産力と提案力をアピールできなければ、新自由主義が支配する政治を転換することはできない。私はずっとそう言い続けてきた。反対派が単純に「反対、反対、嫌だ、嫌いだ」と反新自由主義のシュプレヒコールを絶叫しても、新自由主義の中で生きている人々を真に説得することはできない。それは単に「負け組」の恨み節であり、負け犬の惨めな遠吠えでしかないのだ。新自由主義を批判する者が、新自由主義が持っている長所や武器を積極的にインプリメントして応用し、自己活用している姿を証明して説得しなければならない。

b0087409_1234353.jpgロールズの格差原理論を批判して、人格の別個性を重視、悪平等を拒絶したリバタリアンのノージックの主張に、つい気分が誘われる。私は村上世彰には全く同情しないし、今回の検察の捜査が不当だとも思わないし、検察の捜査を完全に支持する立場だが、村上世彰的なリバタリアニズムの動機について、日本の皮相的なコミュニタリアンは、もう少し内在的にそれを見極める必要があるのではないか。出る杭が打たれるならまだよいが、足を引っ張られるのは本当に嫌なことだ。悪平等主義の根本的病理について、私がすぐに想起するのは「ワイルドスワン」の文化大革命の世界で、要するにそこでは、頭が悪くて難しいことは何もわからないプロレタリアートであればあるだけ、その人間は共産主義者として優秀で、特別な発言権と説得力を党によって保障される。無知であればあるだけいい。科学文明は一切が否定され、何の知識も技術も能力も要らない世界になる。個性は否定され評価を受けない。

b0087409_12335322.jpg人間の大脳皮質は1ミリでよいという極論が事実上正当化され、生産と生活のレベルを極限に低下させる方向に社会が向かう。それは劣情の肯定と怠惰への安楽を動機とするイデオロギーだ。嫉妬で人の足を引っ張ることを毛沢東主義は積極的に肯定し奨励する。能力ある人間が能力を伸ばそうとするのを足を引っ張って、原始共産制の痴呆の泥沼に引き摺り落とし、無能と怠惰と無思考の海で群れ合うことを善しとする。ノージックは、「嫉妬深い人は、もし自分が他の誰かが持っている物(才能など)を所有できないなら、相手もそれを持たない方がよいと思う」と喝破し、平等主義の思想が人間の嫉妬を契機として「引き下げの均一化」に帰着する点を指摘している。嫉妬に注目したのはノージックの慧眼だ。リバタリアニズムが正当化されるはずはないが、リバタリアンを批判するコミュニタリアンが、こうした問題を内面的に克服できず、毛沢東思想的な「能力の拒絶と無知の癒着」のコミューンを楽園視しているかぎり、新自由主義に代わるものは絶対に対置することはできないだろう。

一般表象として日本のコミュニタリアンは癒着主義と安楽主義の傾向を引き摺る。そして政治的戦略性に決定的に欠く。新自由主義を倒すためには政治を変える以外にないのに、その客観的可能性をデザインしようとしない。惰弱と私怨と私欲で群れ睦むオラがムラを飢え求めているだけだ。個々がアウトスタンディングなパフォーマンスを志向しつつ、共通の目標を明確に持ち、最適化的なフォーメーションを組み、契約で主体的機能的に共同する集団こそが必要で、その個々の前提は、麻薬に手を出さず、劣情で行動しない禁欲倫理の保持に尽きる。人間は、能力を持つことはできなくても、倫理を持つことはできる。
 

b0087409_14244458.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-06-08 23:30 | 村上世彰インサイダー事件
<< 村上世彰と新自由主義の思想 (... 昔のIndexに戻る 天皇陛下の平和主義 - 教育基... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会