本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















大健闘の対クロアチア戦引き分け - セルジオ越後のJFA批判
b0087409_9172831.jpg勝ち点3は取れなかったが日本代表は善戦した。予選第二戦は攻守が目まぐるしく入れ替わる白熱した見応えのある試合だった。強豪クロアチアにW杯で引き分けた実績は大きい。フランス大会での敗北を八年後に引き分けまで持って行った事実は日本サッカーの大きな前進と言える。一方のクロアチアだが、これが6/12のブラジル戦を戦った同じチームとは思えない。気迫や闘志や体力の点で較べられないほど見劣りした。ブラジル戦のクロアチアは鉄壁のディフェンスで、カカのミドルで奪われた1点は決して守備が崩された結果ではなかった。ブラジルを事実上零封していたのである。ボールの支配率でもイーブンだった。後半はブラジルを攻め上げる場面が多く、実力の均衡を印象づけていた。日本の戦力をよほど低く見下していたか、あるいは気温30度の猛暑のせいだろう。ブラジル戦は夜の試合で、選手の動きが軽快だった。



b0087409_9174437.jpgクロアチアは惜しいシュートが何本もあったが、ゴールを外しまくって雑な攻めをしていた。身長と体格で優越しながら、ヘディングでゴールを陥れる決定的な場面も作れなかった。前半22分にスルナがPKを外したのが典型的だが、攻撃に強豪らしい緊張感が欠けていた。絶対に勝ち点3を取らなければならないのはクロアチアも同じだったはずだ。ブラジル戦で消耗していたのだろうか。試合はゴール前の攻防が瞬時に入れ替わる緊迫したものだったが、逆に言えば双方のディフェンスが機能していなかった試合とも言える。日本はシステムを4-4-2に変更したのが響いたのか、特に守備の要の宮本恒靖の動きに精彩が無かった。日本の守備はシステマティックで、派手さはないがボールをゴールに近づけない堅固さがある。昨日の試合はそれが消え、宮本恒靖と中澤佑二の連携にも不安定さが顕著で、時間が経つほどに破綻が露になった。

b0087409_91839.jpgいつも感心しながら見ている宮本恒靖の守備を、不安と怪訝を持って見なければいけないのは残念だった。緊張の重圧と陣形の変更が宮本恒靖から平常心を奪っていたのだろうか。迷いが見えた感じがする。逆に、豪州戦では見せ場がなかった中田英寿の活躍は目を見張るものがあった。枠を捉えた強烈なミドルシュート2本。特に最初の1本(前半)は中田英寿らしい豪快なもので、キーパーの好守に阻まれたが人の記憶には残る。攻撃と守備を往復して今回はよく走った。走っただけでなくボールを奪い取った。豪州戦の中田英寿は、ただ中村俊輔から受けたボールを前へ蹴って柳沢敦を裏へ走らせていただけだった。クロアチア戦の中田英寿は人が変わったように走り、日本のゴール前でクロアチアのFWからボールを奪い、また中盤でクロアチアのMFを囲んでボールを奪い取った。技術が冴えていた。N.コバチとの競り合いは見応えがあった。

b0087409_9182162.jpg4バックのシステムが功を奏したのか、気迫で勝っていたのか、中盤で日本がボールを奪い取って攻め上げる場面が多かった。ブラジル戦でボールの支配が互角だったクロアチアが日本に負けていた。日本はどうして得点できなかったのだろう。柳沢敦も高原直康も豪州戦と同じく不発だった。セルジオ越後は今朝のスポーツ紙のコメントでこう言っている。「日本の弱点でもある決定力のなさが、大事な試合で出てきたのは自業自得なのかもしれない。ジーコ監督というよりはゴールゲッターを育てられなかった日本サッカー界の責任でもある」。付け加える言葉もないが、四年後に同じことを言われないように指導者はして欲しい。他のチームは18歳とか21歳の新人が出てきてゴールゲッターとして活躍している。もう一つ、私なりに理由を上げると、中村俊輔のキックに冴えがないのだ。日本代表の得点源である中村俊輔のセットプレーが思うような見せ場を作っていない。

b0087409_9183338.jpg足に怪我をしているらしい。中村俊輔がコーナーキックやフリーキックでファンタジックなゴールを決めていたのは、その映像に惚れ惚れとさせられたのは、中村俊輔がイタリアに渡った三年前のことである。当時と較べて蹴ったボールに鋭さがなく、平板なセットプレーで終わっている。中村俊輔の左足が湿っている事実も、現在の日本代表の「決定力不足」の重大な一因であると言えるだろう。TBSの「サンデーモーニング」で、サッカーW杯の日本代表戦に熱狂する日本の状況について「象徴的貧困」のキーワードで読み解く議論を提出していた。関口宏らしい。私がサッカーにそれを感じたのは四年前の日韓大会か、八年前のフランス大会のときのことで、当時は、興奮して日の丸の旗を無邪気に打ち振る若者たちの姿に抵抗感があった。そこから、イラク戦争の戦時下体験があり、北朝鮮拉致問題の政治があり、「象徴的貧困」の状況はそうした批判言語を定着させる間もなく全体化して行った。

最近は、あまり批判的な気分になれない。昔のような抵抗感はない。辺見庸的実存の気分のみ。
b0087409_9185045.jpg
b0087409_14453772.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-06-19 23:30 | その他
<< テポドン2の政治 - ミサイル... 昔のIndexに戻る 玉木文之進の死における介錯の美... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会