本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















横田早紀江の壮大な演出と謀略 - 週刊現代の横田めぐみ死亡説
b0087409_11425220.jpg韓国政府の(日本右翼の謀略に対する)カウンターポリティックスを見て、正直なところ安堵している。拉致問題で日本の政権と右翼に揺さぶりをかけられた韓国に、私は不安を感じていたからである。横田早紀江と安倍晋三は韓国分断工作が大失敗して臍を噛んでいることだろう。先月中旬、横田滋が訪韓し、韓国のマスコミを引き集めて日韓拉致被害者家族会の連携を訴え、韓国国内で拉致問題の関心を高めたと報道されたのを見ながら、「侵略というのはこうやって始めるのか」と鬱々と思ったが、韓国政府の機を逸しない絶妙の反撃で、私の気分のバランスも少し回復できた感じがする。拉致問題は多くの日本の国民にとっては食傷なのだ。飽きているはずだ。食傷なのだが、テレビがこれでもかこれでもかと国民の胃袋に拉致問題を突っ込み続ける。だから外見上日本で「拉致問題への関心が高い」現実が出来上がる。出来上がった「現実」に抗しきれず、客観的に否定する材料を持てず、認めざるを得ない。



b0087409_1143447.jpg苦痛なことだ。横田早紀江の言っている「拉致問題の解決」とは、北朝鮮と戦争して金正日政権を倒すことなのだが、どうしてそういう右翼のプロパガンダに国民が乗せられなければならないのか。それを国論として認めなければならないのか。以前にも書いたが、そもそも最初に森喜朗が首相の時代に政府が拉致被害者救出に動いたとき、その当時に伝えられていたのは、横田めぐみと有本恵子の二人が(東南アジアの)第三国で偶然に発見されるという筋書きだった。タイかカンボジアという具体的な国名まで上がっていた。ところが、頭が悪くて難しいことは何も分からない森喜朗は、その極秘情報をブレアとの首脳会談の席で漏らしてしまい、そのため二人の「発見救出」がご破算になった経緯がある。謀略の渦が巻く遺骨のDNA鑑定情報とは別に、われわれが横田めぐみの生存を信じる所以はそこにあるのだが、この四年間のプロパガンダと右傾化で、横田めぐみの生死そのものに私は関心を失ってしまった。

b0087409_11463989.jpg先週号の週刊現代に「安倍晋三の電撃訪朝計画をスッパ抜く」という記事が載っていて、そこで安倍晋三の配下の政務秘書官が北朝鮮との極秘交渉のために中国に派遣された事実が暴露されている。その政務秘書官は井上義行(43歳)で、04年の1月と今年6月の二度にわたって「密使」として北京に入っている。小泉首相の任期切れが間近となり、これまで小泉首相の直属で北朝鮮と交渉していた山崎拓や平沢勝栄が離れ、そのチャンネルを安倍晋三が引き継ごうとしているのである。嘗てはチャンネルは外務省のコントロール下にあって、ミスターXと田中均のペアが主役だった。今は外務省は完全に実権を失って安倍晋三の奴隷になっている。週刊現代の記事では、選挙のたびに拉致問題を利用して、平壌から拉致被害者やその家族を連れ戻す演出で支持を集めていた小泉首相の例を倣って、安倍晋三が家族会を裏切って電撃訪朝し、金正日と日朝国交正常化の首脳会談をするのではないかと観測している。

b0087409_11432394.jpg週刊現代の記事は安倍晋三叩きが目的であり、私は安倍晋三が日朝国交正常化に動くとは俄かに思えないが、記事の中で「ある北朝鮮の幹部」が次のように言っている件がある。「再三言っているように、横田めぐみは本当に死亡しているし、他の生存者もいない。将軍様が謝罪し、生存者と家族を全員帰国させた時点で拉致問題は終わりだ。横田めぐみに関しては、蓮池薫が真実を知っている。蓮池がこれまで真実を明かさなかったのは、外交交渉に影響が出るという理由で日本政府に止められてきたのと、帰国した長女の恋人が共和国に住んでいるからだ。近い将来、蓮池が公の場で証言すれば、日本人も納得するはずだ」(6.19号 P.31)。その後に続く記述が重要だが、こうある。「蓮池氏は日本政府に何を語っているのか。長年拉致問題に関わってきたある関係者が明かす。『蓮池氏は、帰国直後の02年秋の段階で日本政府の担当者に対し、《横田めぐみさんは殺された可能性が高い》と証言しています』」(P.31)

b0087409_11433552.jpgある関係者が誰なのか、この証言にどこまで信憑性があるのかは全く不明だが、一つ言えることは、横田めぐみの真実については、誰よりも蓮池薫と祐木子の夫妻が承知しているということである。二人がテレビカメラの前に出てきて事実を言えばよいのだ。横田早紀江が「北朝鮮の言うことは嘘ばかりで信用できない」とか、「めぐみちゃんがどうなったか本当の真実が知りたい」とか、いつまでもいつまでも言い続けているのはおかしくないか。蓮池薫と祐木子の二人に聞けばよいではないか。蓮池薫は金英男とも職場の同僚で、二つの家族は同じ集落に住んでいて、何から何まで知り合った仲だったはずだ。実際に帰国した直後は「母乳が出なくて云々」の証言をしていた。北朝鮮に真実を教えてもらえなくても、蓮池薫に聞けば、93年から94年にかけての横田めぐみの真実については明らかになるだろう。そして実際に、横田夫妻は蓮池夫妻から全てを聞き出しているはずで、それにもかかわらず「真実が知りたい」と言うのはおかしくはないか。

02年の9月に一時帰国前の蓮池薫夫妻が平壌空港でキムヘギョンの顔を抱いている写真があるが、あの写真が何より雄弁に真実を語っている。横田早紀江とマスコミは、今度の金英男の一件を北朝鮮の謀略と言い、壮大な演出だと言うのだが、謀略であり演出なのは一体どちらなのか。いい加減に、この壮大な茶番劇の卓袱台をひっくり返す人間は出て来ないのか。

b0087409_11435265.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-06-29 23:30 | 韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
<< 金英男の会見 - 韓国三大紙の... 昔のIndexに戻る 安倍晋三の総裁選政権構想 - ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会