本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















ヒルのメッセージ - 中国は努力している、時間的拘束は加えない
b0087409_1115997.jpg昨夜のニュースも主役はヒルで、世界の視線が北京のヒルに集中している。昨日のプレスインタビューも素晴らしかった。あれは場所はホテルのロビーだと思うが、メッセージもよかったし、雰囲気も最高によかった。いい仕事をしている。ヒルは本当は7/12には米国に帰国の予定だったが、米朝協議をトラックして中国が北朝鮮への説得を怠慢しないように釘を刺すために、ボスのライスがヒルを再度北京に送り込んだ。仕事をさせるボス、仕事をよくする部下、ハードワークの米国がよく出ている。これが新自由主義のカルチャーだ。私は前の記事で、新自由主義にもクールでスマートなところがあって、学ぶべきところが多くあると書いたけれど、こういう場面に接するとその感慨を新たにする。最近の日本人はこういう具合に仕事をしない。すぐに怠けて遊ぶし、上司は部下に甘い。ヒルを北朝鮮担当に抜擢したのはライス自身だろうが、その人事が成功している。有能な人間が有能な人間を選んでいる。



b0087409_1121243.jpg米国の強さというのは、新自由主義の強さというのは実はこういうところにある。パフォーマンス・オリエンテッドの思想。ライスは中東問題については自分の知識に絶対の自信を持っていて、直接に自身で政策判断を下しているが、東アジアについては知識と理論を持っていないことを率直に認めている。そこがライスの偉いところだ。だから信頼できる部下を選んで任務遂行を任せている。国務省の人材の中から人格と能力を見てヒルを選んだ。ヒルは素敵な人物だ。一生懸命に仕事をして、メッセージがいい。プレスインタビューの姿を見て欲しいが、日本人のようにふざけたクールビズの格好はしていない。ネクタイを締め、きちんとスーツを着ている。言葉もよかった。「中国は努力している。誰もが努力している。努力していないのは北朝鮮だけだ」「率直に言って、北朝鮮が積極姿勢を見せていないことに少し失望した」。素晴らしい。我々はこの言葉を聞きたいのであり、プレスはヒルにこう言って欲しいのだ。

b0087409_1122313.jpg韓国と中国のプレスはきっとヒルのことが大好きだろう。プレスを味方につけている。特に韓国のプレスにその気配が濃厚で、7/9のソウルでは女性記者を中心にヒルに密着して大歓迎の雰囲気があった。ヒルはメッセージを間違わない。ヒルは自分のミッションでありオブジェクティブである六カ国協議を大事にしていて、そのメンバーに接するときの態度はとても真剣で誠実だ。メンバーの中で最も気が合っているのは韓国の宋旻淳のように見える。去年の六カ国協議のときに、日本の佐々江賢一郎とホテルの中庭で相談するツーショットがあったが、あの絵もよかった。7/12に東京に来たとき、外務省では谷内正太郎が出迎えていたが、本当は佐々江賢一郎と握手する場面をプレスに撮らせるべきだっただろう。現在の六カ国協議のチェアマンは武大偉で、この男も優秀で悪くないが、もし王毅があのまま議長を続けていたら、ヒルと王毅は仲良しになっていただろうし、ルックスグッドな二人のツーショットは最高の絵になっただろう。

b0087409_1123570.jpgそんなことを想像する。米国にはヒルがいてライスがいる。中国には王毅がいて姜瑜がいる。優秀な魅力的な人物がいる。優秀な人間が真摯に精力的に仕事をしている。優秀な人間が優秀な部下を抜擢して重要な仕事をさせている。日本には本当に人がいない。政治家の中に人がいない。官僚や外交官の中に人がいない。マスコミや評論家の中に人がいない。人がいない。ネットの中で探せばいるだろうと思ったが、一年間探したけれど見つからなかった。能力と精神の二つを持った人間がいない。数年前に後輩と話をしたとき、「日本はもう駄目ですよ」と言うから、「いや、そんなことはないよ」と自信を持って反論したのだが、やはり彼の慧眼と洞察の方が正しかった。単にセレクトされて有能な人間が日の目を見ないというのではなく、そもそも人材が払底しているのだと認めざるを得ない。ヒルやライスが出てくる下に無数のヒルとライスがいて、王毅や姜瑜の下に無数の王毅と姜瑜がいるのだ。若い人ほどリアルに日本を見ている。

b0087409_1124715.jpgミサイルの政治の方だが、ヒルはインタビューで国連での制裁決議案の審議に時間的拘束を与えない旨を明言した。つまり平壌の中朝交渉が暗礁に乗り上げても、その時点で制裁決議案を採決することはしないと言ったわけであり、これは事実上の制裁決議案撤回宣言に等しい。ボルトンと大島賢三と安倍晋三は臍を噛んでいるだろう。国連安保理の情勢は中露提案の非難決議案に決着する可能性がきわめて高くなった。六カ国協議体制というのは、右翼が言っているとおり北朝鮮の現体制を存続させるための装置である。金正日体制を崩壊させるよりも存続させた方が国益に適うと判断しているのは中露米韓の四国で、四国の利害は一致していて、日本だけが崩壊させるべきと考えている。米国にとっても、米軍再編とMDと中国封じ込めのグランドストラテジーをワークするためには、北朝鮮は現在のままの危険な独裁体制の状態が続いた方が都合がいい。日米間の北朝鮮に対する利害と方針の不一致は、いずれ亀裂となって表面に露呈することだろう。

7/11のニューヨークタイムズの記事では、一週間前のミサイル発射時の喧騒が嘘のように静まり返って、日本の安倍晋三や麻生太郎の過激な先制攻撃論が東アジアを六カ国協議で纏めようとする米国の戦略の足並みを乱しているという見方さえ示され始めている。

b0087409_11333.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-07-13 23:30 | 韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
<< 敵基地攻撃論の報道と世論 - ... 昔のIndexに戻る 「外交には時間と忍耐が必要」 ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会