本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















サンクトペテルブルクを旅した頃(1) - 渓内謙と小室直樹の明暗
b0087409_23514250.jpgサンクトペテルブルクには一度だけ行ったことがある。もうずっと昔の話で、ソ連が崩壊する前のペレストロイカの頃であり、町の名前もレニングラードと呼ばれていた時代だった。私がこれまで実際に地面を踏んだ場所としては、アラスカのアンカレッジに次いで二番目に緯度の高い地点の経験になる。昔は日本から欧州に飛ぶ航空機はソ連領の上空を飛行することができず、まず迂回してアンカレッジに立ち寄り、そこから北極海をクロスして欧州の空へ入って行った。思い出すと懐かしいが、トランジットで降りたアンカレッジ空港のロビーには日本語が堪能な原住民(いわゆるエスキモー)のおばちゃんたちが待っていて、「はい、免税ブランデー」「はい、マカデミアンチョコ」と元気よくお土産品を売り捌いていた。あれは復路便の機内の貨物に入れてくれたのだろうか。アラスカは寒かったが、おばちゃんたちを見ると外国に来た感じがしなかった。おばちゃんたちはどうなったのだろう。



b0087409_11411721.jpgサンクトペテルブルクには行ったが、実はホテルに着くなり体調を崩して熱を出してしまい、貴重な二泊三日の観光の日程を部屋の中で寝たきりで過ごしてしまった。エルミタージュ美術館とペトロパブロフスク要塞と聖イサク寺院の見物が含まれていたが、残念ながらそれらを見ることはできなかった。二度と聖彼都に行くことはないだろうと思うと、少し残念な気持ちになる。ホテルは市内北西のプリバルチスカヤで、ホテルの前庭がそのままバルト海の浜辺になっていて、バルト海の海水に両手を浸したことを覚えている。アルバムにバルト海の真っ赤な夕陽を撮った写真が残っている。GW期間中で、日暮れは午後10時頃ではなかっただろうか。それほど立派なホテルではなかったが、モスクワ五輪のときの建物で、ツアーで使わされたホテルの中では一番まともだった。ホテルのカフェにフィンランドから遊びに来ていたギャルの一団がいて、ここへよく遊びに来るのだと言っていた。

b0087409_1141538.jpgフィンランドのギャルと書いてしまったのは、彼女たちが本当に明るく元気よく見えたからで、実はそのときはソ連国内に入って一週間が過ぎていたが、街で見る大人たちの顔に生気がなく、人々の表情が重苦しく鬱屈していて、これ以上耐えられないという険悪な目をしていたからである。われわれ日本人旅行客を見る視線が困苦と苛立ちと羨望を訴えていた。それが何故かは観光客としての体験だけでも一日目から全てが理解できた。食事がひどかった。思い出してもぞっとするが、テーブルに出されたもので口に入れられるものは何もなかった。パンはカチカチで味気なく、マーガリンの味は不気味で、ステーキだと言って出された黒い肉の塊は歯が折れてしまうほどの異常な固さで、ナイフで切ることさえできず、噛んで胃袋に入れようという気が起こらなかった。バイカル湖のレストランで出た鮭は塩の固まりで、食塩をそのまま食えと言われているのに等しく、一口で吐き出して手が止まった。

b0087409_11415148.jpgザクースカはひたすらまずく、コーヒーは黒い泥がカップの底に溜まるようで、日本の六十年代のネスカフェの粉末飲料より十倍粗悪で、とにかく三度の食事で食えるものが何もなく、食事の時間が苦痛で苦痛で仕方がなかった。私は何をしたかというと、ホテルの国営ベリョースカ・ショップに足を運び、そこでハイネケンとレーベンブロイを見つけて、それを口に流し込んで一週間を生き延びていた。オランダとドイツの缶ビールのおかげで命を繋ぐことができた。覚えているが、モスクワで泊まったホテルロシアはバカでかい建物で、ベリョースカは玄関から外へ出て二百メートルほど歩かなければならず、私は毎度の「食事」のために往生させられた。部屋やシーツの汚さとかトイレの不潔さは次第に慣れたが、食事のストレスだけは何ともならず、遂に旅行終盤のレニングラードで体調を崩して発熱するに至ったのである。日本に帰りたい気持ちだけで、エルミタージュ美術館などもうどうでもよくなっていた。

b0087409_11413275.jpg関連して紹介したい件が一つあって、帰国して暫くした頃に岩波新書から出た渓内謙の「現代社会主義を考える」があり、その冒頭にこう書かれている。「一九八七年一一月七日、ソ連は革命七○周年の記念日を迎えた。(中略)ソ連一国のみであったこの体制は、第二次大戦後、東欧、アジア、ラテンアメリカへと拡大して今日に至っている。(中略)これらの体制群は国家間の関係においても、それぞれの国内問題においても深刻な困難と矛盾を抱えているが、しかし近い将来、内部崩壊することはありそうもない(P.1-P.2)」。初版第一刷は88年1月。ベルリンの壁崩壊が89年11月、ソ連崩壊が91年12月。この新刊を書店で買って読んだとき、私は実際に自分の目でソ連国内を見てきたばかりだったから、渓内謙ののん気さと言うか神経鈍感に驚き呆れた記憶がある。今すぐにでも崩壊しておかしくなかった。中の人々は倦み疲れきっていた。こんな体制が長続きするはずがない。旅行した者の共通の感想だっただろう。

b0087409_1142899.jpg新書は現在品切で重版未定。渓内謙はこの当時は東大社研の重鎮だったはずだ。岩波書店から出ている「スターリン政治体制の成立」全四巻は日本の社会科学の屈指の名著と言われていて、学生の頃は必読文献の一つとして指定され、教官が板書しながら「読んだ人いますか」とよく聞いていた。この岩波新書にポロッと書いた一言で碩学の名誉を傷つけた気配がある。これとのコントラストでどうしても挙げておきたいのが、一方の小室直樹で、80年に光文社のカッパブックスで「ソビエト帝国の崩壊」を出し、周知のように今では現代の預言者として崇め奉られている。この本は私も店頭で見た記憶があるが、当時は他にも似たような本は多くあったような印象があり、小室直樹だけが特別に絶賛される理由がよく分からない。ソ連崩壊を願い望む論者たちが、同じくそれを願い望む人々に向けて商売で本を売っていた。中国崩壊を言っている本と同じで、そういう本は無数にあり、中国が崩壊したら著者は預言者になるのだろうか。

ソ連崩壊についての考察と予言は78年のダンコースの方が早かったという声もあり、私は別にどちらが先でもいいけれど、民族問題にフォーカスしたダンコースの「崩壊したソ連帝国」は、確かに売らんかなの商売本の装いではなく、最初から社会科学の良書として論壇とアカデミーで紹介されていた。渓内謙と小室直樹の二人のことを思いながら、私が何を考えるかと言うと、当然ながら、日本の平和憲法体制という問題である。私はすでに予言をした。そして体制防衛のための最後の提案もした。匿名ブログでの発言だから、当時で言えば、小室直樹のカッパブックスと同じかそれ以下の卑賤な立場からの議論ということになる。碩学の小森陽一は、地域で末端が九条の訪問販売に精を出していれば大丈夫だと言っているのだが。

b0087409_11422784.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-07-16 23:30 | その他
<< サンクトペテルブルクを旅した頃... 昔のIndexに戻る 敵基地攻撃論の報道と世論 - ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会