本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















サンクトペテルブルクを旅した頃(2) - もうどこにも行かないでくれ
b0087409_16545131.jpgサンクトペテルブルクを旅した頃、その少し前、世界はキューバ危機以来の核戦争の恐怖の下にあった。核戦争で人類が滅ぶ時刻を午前零時として現状を警告表示する「終末時計」で、記憶では、確か5分前まで針が進められて世界の人々を戦慄させたのがこの時期だった。ソ連を「悪の帝国」と呼んで強硬論で挑発するレーガン政権に対して、ソ連は中距離核ミサイルSS20の欧州配備で対抗、応じたNATOがパーシングⅡを配備して対峙した。一触即発。米ソの中間に位置するヨーロッパ平原が核戦争勃発の舞台となることが必至な情勢となり、ヨーロッパ中の若者が立ち上がって空前の反核運動が沸き起こる事態となった。あの頃のソ連というのは少し不思議で、経済は壊滅寸前のボロボロの状態にありながら、なぜか軍事だけは異常に勢力旺盛で、ICBMの保有数でも米国を上回っていたし、世界の各地に軍事顧問団を派遣して、露骨な軍事介入で第三世界の共産化に邁進していた。



b0087409_1711243.jpgあれはブレジネフの思想なのだろうか。キューバ兵によるアンゴラ内戦介入やエチオピアのメンギスツ軍事政権はこの時期の話で、日本海では空母ミンスクが威容を誇示していた。日本でも世界でも冷戦の趨勢はすでに内面的な決着がついていて、当時のソ連の軍事力のみに依拠した覇権主義は最後の無駄な悪あがきしか見えなかった。82年の1月にブレジネフが死に、後継したアンドロポフには何事かを期待してよさそうなインテリジェンスが漂っていたが、世界が雪解けを期待する中でわずか一年半後にあっけなく死んだ。そして誰が見ても半死状態にしか見えないチェルネンコが登場して、何か嫌々ながら共産党書記長のポストに就かされた感があった。アフガン情勢は泥沼化して、ソ連は完全に行き詰まっているように見えた。人類が核のボタンを預ける人間として瀕死のチェルネンコの健康状態はあまりに危険に見えた。あのままゴルバチョフが出なかったら世界はどうなっていただろう。

b0087409_16555266.jpg歴史を作るのは人間で、人々を危機から救うのも人間だ。その頃、渋谷や自由が丘ではカフェバーの新業態が流行っていた。店内の壁面や天井に大きなテレビモニターが据え付けられ、それを見ながら若いカップルがドリンクを楽しむ新しいスタイルの喫茶店。そのカフェバーで見せるコンテンツが、マイケルジャクソンを筆頭とする海外音楽家の新作プロモーションビデオで、特に人気があったのが「Thriller」と「Beat it」の二作品だった。このニつが無かったら、カフェバーは新業態として概念を成立させることはできなかっただろう。マイケルジャクソンと並んで、当時、精力的にプロモーションビデオを製作していた一人がポールマッカートニーで、特に「Pipes of Peace」の映像が印象深い。What do you say ? Will the human race be run in a day ? Or will someone save this planet we are playing on ?

b0087409_1656582.jpgこの反戦歌の創作と流行の背景にはINF(中距離核ミサイル)による欧州核戦争の危機と恐怖があり、そして反核運動の盛り上がりがあった。ジョンが生きていれば、この反核運動の先頭に立っていたことは間違いないが、ポールマッカートニーもまたビートルズの一人だった。世界は凍てつくような緊張の極にあったが、この緊張に対して渾身の力で立ち向かっていた者は他にもいた。米国の映画人のウォーレンビーティとダイアンキートンが映画史に残る感動の名作を製作して、反核運動する欧州の若者たちの背中を後押しした。日本での公開は82年。完全に凍結してしまった感のある米ソ外交チャンネルの外側で、ウォーレンビーティが必死で両国の緊張緩和と信頼回復のために動いていた。スクリーン上には六十年前の若々しい米ソ両国が映し出されていた。ソ連はまだ生まれたばかりで、その誕生の瞬間に若い米国人が立ち会っていた。私から見て、これはウォーレンビーティがソ連指導部に呼びかけた融和のメッセージだった。

b0087409_16561759.jpg当時政治局員のゴルバチョフは映画を見ただろうか。それから三年ほどしてゴルバチョフが登場する。ジュネーブとレイキャビクの交渉があり、87年にIMF全廃条約が締結された。レイキャビクの交渉は86年10月で、固唾をのんで二日間を見守ったが、歴史に残るいい政治だった。映画のことを思い出したのは、一つはサンクトペテルブルクを旅した当時を思い返したからだが、もう一つあって、それは中距離核ミサイルの問題である。二十年遅れで東アジアも中距離核ミサイルの時代になり、核戦争の危機が現実のものになりつつある。ノドンは中距離ミサイルで、核弾頭が搭載されればIMFになる。日本は海自の護衛艦や潜水艦に巡航ミサイルを艦載するようになり、その弾頭にいずれは核を装着するようになるだろう。それをもってノドンに対抗する防衛力とするはずである。が、恐らくその武力は対北朝鮮にとどまらず、中国を威嚇牽制する軍事力に転化するに違いない。中国の都市と基地にも照準を合わせる。そして、台湾問題に干渉するようになるだろう。

b0087409_16562682.jpgOr will someone save this area we are playing on ?  誰かが出て、ゴルバチョフのような人間が出て、東アジアを救ってくれるのだろうか。ウォーレンビーティとダイアンキートンのように、凍結した日朝外交チャンネルの外側で、日中外交チャンネルの外側で、渾身の融和努力を作品で投擲してくれる知識人は出るだろうか。十年前の山崎豊子とNHKのように、日中友好の意義をコンビンスさせてくれる作品を国民に見せてくれる人間は出るだろうか。それより何より、ポールマッカートニーが応援した欧州の若者たちの反核運動のような、大型の反戦運動は日本の中で沸き起こるだろうか。戦争を回避しようとする努力は出現するだろうか。

b0087409_2224937.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-07-17 23:30 | その他
<< レイシズム論議の浮薄 - 嫌が... 昔のIndexに戻る サンクトペテルブルクを旅した頃... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会