本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















レイシズム論議の浮薄 - 嫌がらせの常態化と左翼の自己欺瞞
b0087409_18272889.jpg恐れていたことが現実に起きていて、全国で朝鮮学校生徒への嫌がらせや暴力が頻発している。7/14の朝日新聞の記事では、ミサイル発射があった7/5から7/13までに暴行や脅迫の事件が112件あったという在日本朝鮮人教職員同盟の発表が紹介されている。同じ朝日新聞が7/12に紹介した記事では、在日本朝鮮人人権協会が嫌がらせ事件が全国で60件発生と報告していて、日を追って事態が沈静化しているわけではない様子が窺える。愛知県豊明市では、愛知朝鮮中高級学校に通う中学2年の男子生徒が男に路上で罵声を浴びせられながら顔を殴られて二週間のけがをしている。大阪市生野区では生野朝鮮初級学校1年の男児が、同じく路上で暴行を受けている。この関係のニュースはまだNHKでは報道されていない。今は久米宏のような報道者がおらず、その点でも心配になるが、ネットの右翼匿名掲示板がこのニュースにどのように反応しているか以下に紹介してみる。



b0087409_18274892.jpg
さっさと被害届だせよ。今度は差出人不明のカッターの刃でも送りつけられますか? そして犯人は日本人なんですね、はいはい、もう手口はバレバレですよ。 自作自演を日本人のせいにさせられて、むしろ日本人は被害者。 つまんねえ、下らん脅し入れる前に授業中に学校爆破しろ。 どうせ自作自演だろ。屑在日どもは何やらかすかわからん。トチ狂った民族だからな。ゴミチョン全員死刑。 所詮糞以下の奴らなんだから嫌がらせしても良いだろう。嫌がらせが嫌なら日本から朝鮮に帰れば良い。 チョン学校の連中このまま日本に居座るつもり? いいかげん本国に帰ったら?。 人生が2回あれば、そのうち1回はチョンや支那人を殺し続ける人生を送るのだが。 残念ながら今の私には、チョンごときの為に使う時間は無い。 自作自演だろうとは思うが、そもそもの話として脅迫電話どころかまともな国なら朝鮮人経営の商店が焼き討ちされるような事態だと思う。

b0087409_1828241.jpg無論、上に示したのはほんの一例で、右翼匿名掲示板ではこの朝鮮学校生徒への嫌がらせ報道が最初にあったときから、いわゆるスレ(スレッド)が立ち、現在はその6枚目に入っている。嫌がらせを非難する投稿はほとんど皆無で、圧倒的多数が嫌がらせと暴力を支持し扇動するコメントで溢れている。嫌がらせは、被害を受ける立場になると、その犯罪性がよく分かる。「世に倦む日日」もアクセスが増えてから嫌がらせが急に増えた。動機は政治的なものや嫉妬や劣情がある。最初は右翼による嫌がらせだけだったが、次第に左翼による誹謗中傷が増え、現在でもニ件ほどのブログを中心に執拗に嫌がらせが続けられている。左翼の間では「世に倦む日日」に嫌がらせを加えることは自慢になるようで、嫌がらせの司令塔のような下劣なブログのコメント欄に左翼ブロガーが「嫌がらせをしてやりました」と報告を入れている。右翼も左翼もイデオロギーが異なるだけで、行動と人格の中身は全く同じだ。

b0087409_18281982.jpgこの問題に関連して言わなければならないことは、例のW杯のジダンの頭突きとレイシズムの一件で、左翼ブロガーがジダンを英雄扱いして持ち上げ、盛んにレイシズムの言葉を喧伝している。レイシズム(racism)の言葉を初めて聞いたという声もある。それはよい。が、ジダンとレイシズムをネタとして蝶々する左翼ブログが、眼前で起きている朝鮮学校生徒への脅迫暴行事件について一切触れようとせず、また現在の日本の最大の政治的思想的病弊とも言える韓国朝鮮に対する民族差別の問題に全く言及しないのはどういうことだろうか。レイシズムという言葉は98年刊の「岩波哲学・思想辞典」には載っていない。載っていないと思ったし、載っていなくてよい。載せる必要もないと思うのだが、恐らく次に改定されるときは新規に載るだろう。ありそうな話として、岩波あたりから欧州のレイシズムの事情と研究を纏めた本が出て、レイシズム研究の社会学者がインダストリーを構築し始めるのではないか。

b0087409_18283720.jpgそして日本では「レイシズム」は「ジェンダー」と同じような学術的で専門的な岩波文化世界のタームとロジックとなり、その概念と視座と関心の中に韓国朝鮮への民族差別は入らず捨象され、レイシズムは熱心に議論研究されるが自分自身がやっている民族差別は対象化されないという倒錯した「社会科学的結果」を導出する。アカデミーの自己欺瞞。久米宏のような常識と感性を持った報道者は出ず、マスコミの解説者や市民派ブログは「欧州ではレイシズムへの関心が高くてジダンはレイシズムと闘う象徴で云々」と一般論を流して済まし、その裏側で右翼掲示板的な「嫌韓論」の極論が数を集めて常態化するのである。数と勢いの政治が恥ずべき民族差別の極論や言語道断の暴論を多数世論にする。それに歯止めをかける人間がおらず、歯止めする声が上がらない。この問題は本当に深刻な問題で、知識人が声を上げて言わなくてはいけない問題なのだが、正論正論として言う人間がいない。左翼の自己欺瞞を暴露しよう。

決定的と思われる事実がある。下に示すものは、左翼ブロガーがご本尊様と仰ぐ人気ブログの記事で、左翼が「世に倦む日日」へのリンクを外そうと排斥運動を呼びかけたときに、代わりにリンク先の決定版に据え直したものである。新しい偶像。左翼の中にも抜きがたい韓国朝鮮への民族差別がある。この意識や言説が、北朝鮮への経済制裁を最終的に容認し正当化する内面的な根拠(橋頭堡)になっていて、それを単なる右翼の暴論とはせず、見過ごして国民的な許容範囲の通論とするのである。これがレイシズムなのではないのか。

b0087409_18292396.jpg
b0087409_18293785.jpg
b0087409_18295593.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-07-18 23:30 | 韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
<< 朝鮮総連への免税廃止制裁 - ... 昔のIndexに戻る サンクトペテルブルクを旅した頃... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会