本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















イデオロギー蔓延の時代 - 佐藤優の「保守護憲」論の市場背景
b0087409_16433636.jpg読者から「あなたはブログで左翼だの右翼だのを無闇に言い過ぎる」というご指摘を頂戴した。読者はブロガー同盟の一員だが、「私は右翼でも左翼でもないし、自分が左翼だと他から言われるのは大いに心外で、イデオロギー対立の時代はもう終わっていて、イデオロギー対立で今の政治を説明するのは時代遅れで、その証拠として保守の中にも護憲の人間がいるし、保守じゃないのに改憲の人間もいるが、この事実をあなたはどう考えるのか」というお叱りだった。私は、「まあ、あなたが(他から自分を)左翼と言われるのは心外だと言うのは分かるけれど、あなたのブログのTB欄を一瞥すれば、客観的に(あなたが)左翼だと言われても仕方がないと思いますよ」と返したが、実は確かに私は右翼左翼の言葉を記事の中で頻繁に使う。過剰ではないかと思うほど多用する。それには理由がある。私は私の主張があるのだ。それは、現代がまさにイデオロギー過剰の時代であり、イデオロギー対立の時代である事実を訴えているからだ。



b0087409_16434818.jpg私は、イデオロギー対立の時代はもう終わったという言説に対して、殆ど本能的に反発を感じるところがある。それは嘘だと心中で叫んでいる。イデオロギー対立は終わったとか、二項対立で物事を説明するのは無意味だとか言っているのは、相対的に左派の立場の論者である。左派の側が自己の政治的主張の説得力を作るときに、この「二項対立は不毛」の言説を持ち出すのである。旧左翼と同じではないとアピールしているのだ。具体的に名前を言えば、この種の発言をよくするのは、田中康夫、高野孟、菅直人の面々である。脱構築(ポストモダン)の風潮に便乗して、社会主義は古いと言うことで、自分の立場の時代的妥当性と状況的正当性をレトリックで確保弁証しようとしている。右翼の側は決して「イデオロギー対立の時代の終焉」などとは言わない。例えば小林よしのりはそのようなことは一言も言わない。政治に勝利した右翼はどこまでも左翼を討滅して追い詰めるのであり、地上から左翼を根絶するまで手を抜かないのだ。

b0087409_16474929.jpg勝利者となり多数派となった右翼にとって、現在はまさに掃討戦の時代であり、嘗ては左翼側から「ブルジョア新聞」と呼ばれていた朝日新聞まで左翼の総本山として袋叩きの標的にされている。読者は右翼にとってイデオロギーの時代が終わってない事実を承認されたい。私の実感からすれば、十年ほど前から異常にイデオロギッシュな時代になった。「つくる会」と「ゴーマニズム宣言」が台頭してきた前後から極端にそうなった。表を歩くとイデオロギーの針で毒々しく頬を刺されるような時代の空気になった。右翼や左翼の言葉を頻用しないと現実の状況をよく説明できない時代になった。石原慎太郎が知事になって、さらに毒々しいイデオロギッシュな成分が大気中に濃密な環境になった。こういう時代に、「右翼」の言葉を使うのが嫌だから使わず、そこから目を背けて観念の世界で「竹林の七賢」的な静穏を求めようとしても、それは生理的に無理なのだ。今の政治的現実を右翼や左翼の言葉を使わずに説明するのはリアリティを欠く。無理が生じる。

b0087409_16435791.jpg小熊英二は二ヶ月ほど前の朝日新聞の記事の中で、日本の右翼のイデオロギーには特に具体的な理念や目標はなく、どこまで調べても左翼(社会主義)に対するアンチ以外に思想の実体がないと言っていたが、基本的にそのとおりで、逆に言えば、だからこそ右翼なるものが見えにくく、そのイデオロギーを正確に捉えにくいという問題がある。多数派となった右翼のイデオロギーは、実体としては存在して世の中に大きな影響を与え続け、朝日新聞を攻撃して右に寄せ続け、筑紫哲也に異端表象を被せてそれに成功しながら、自らを中立表象化することに成功している。小熊英二に言われるまでもなく、右翼のイデオロギーはアカデミーの中にはないのだ。基本的に戦前からしてそうだった。日本ではアカデミーは常に左派が握る。貴族化しながら。岩波知識人でなければ権威を持てない。岩波系は最後まで日本のアカデミーの正統であり、政治的にはどれほど影響力を失っても読書市場では権威であり続ける。右翼がそれを覆すことはできない。

b0087409_16443561.jpgが、下から、下賎の身から右翼がチャレンジして台頭する。その典型が漫画家の小林よしのりで、見事に挑戦して思想家として成功した。私が言いたいことは、イデオロギーの時代は終わったという言説は嘘で、猛々しく日本の言論界を支配している右翼の論者たちは、依然としてイデオロギー対立の世界に生きていて、掃討戦の刃を振るっているという事実である。もう一つ事実を指摘すれば、下賎の身から出世しようとすれば、つまり東大社研から毛並みよくエリートコースを歩んで、名前で岩波から本を出してもらえる境遇でなければ、その人間は自己を保守論者として出発する以外に成功する道はないということだ。評論家として成功したい人間は自らを保守論者として定義する。現在の論壇は保守ばかりだ。保守が唯一の思想的立場であり、自分を革新だと言う人間は一人もいない。社会主義者やマルクス主義者は一人もいない。だから保守の表象を都合よくリモデルして、それを自分の看板にするのである。右翼だと不恰好だが保守だと格好悪くないのだ。

b0087409_16444516.jpg保守で護憲というのは、具体的には佐藤優がいる。その議論を読んだが、何を言っているのか支離滅裂で意味不明だった。9条を改正すると共和制になって権威と権力を分離させている日本の伝統的な国体(天皇制)の破壊になるから、それはファシズムに通じるのでそれを避けるために9条を守るべしと言っている。奇怪きわまる論理。何を滅茶苦茶なことを言っているのだ。9条を改正したらなぜ共和制になるのだ。宣戦布告なんかしなくても戦争はできるよ。英国は君主制だがイラク戦争をやっている。サッチャーがアルゼンチンと戦争するとき宣戦布告なんかしなかった。第二次大戦ではドイツに宣戦布告したが、別に英国はファシズム国家にはなっていない。佐藤優の議論は荒唐無稽で、政治学の議論として幼稚すぎて箸にも棒にもかからない。権威と権力の話は、まるで井沢元彦の聞き齧りではないか。プリミティブすぎる。佐藤優の動機は左翼の市場を自己の読者に捕捉することで、岩波の権威を借りて評論家として事業独立を果たすことである。

b0087409_16445553.jpg岩波の側の動機は、保守でも護憲というシンボルを立てることで、政治的なものである。藁にもすがる感じ。昔、丸山真男が戦前にマルクス主義者が自由主義の陣地にまで後退して戦ったと言っていたが、あの感じ。「民族の罠」は佐藤優と岩波のWinWinだ。革新という思想的立場が潰え去っているから、保守しかないから、保守で護憲が欲しいのである。それは政治上の説得力になるから。国民投票が終われば、きっと佐藤優は違うことを言っているだろう。思想として言説としてはアクロバットのパッチワークなのだ。結論だけが護憲(九条改正反対)なのである。思想のアクロバットをやる人間は何人もいる。宮台真司もそうだ。惑わされるなと言っても、基本的な学問を身に着けてない人間はアクロバットに騙されるし、次々に店頭を飾ってゆく擬似的な「説得力」の商品に目を奪われる。左翼の人間は、何でもいいから「イデオロギー対立の時代は終わった」ことにしたいのである。「冷戦時代の二項対立の認識は不毛」と、そう言ってくれる論者なら誰でもいいのだ。

イデオロギーが蔓延し社会を隅々まで支配している時代なのに、イデオロギーという言葉が過去の共産主義とのみ内的回路で直結するために、悪魔的なものを想起してしまうために、人はイデオロギーという言葉に反発して存在を認めたくないのであり、消えたものとして否定したいのだ。それは深層心理としては、自身が客観的に左翼であるという自己規定の否定衝動なのであり、要するにそこから反射的に逃走するしかないのだ。が、小学生のドッジボールと同じで、背中を見せて逃げると後ろから敵のボールが飛んでくる。右翼匿名掲示板の連中や産経新聞や石原慎太郎は「左翼」の生き残りを見逃さず、掃討戦の手を緩めない。佐藤優のアクロバチックで(荒唐無稽的に)個性的な「保守護憲」言説を精神安定剤として買っていても仕方ないと私は思うのだが。

b0087409_1645862.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-07-21 23:30 | ネット市民社会
<< 昭和天皇の合祀反対メモ - ダ... 昔のIndexに戻る 憲法改正の国民投票 - 新自... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会