本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















丸山真男の思想がわかる本
b0087409_1127346.jpg昨日(1/15)の午後、近所の本屋の棚に新刊書が並んでいるのを確認した。編集者と編集長の当初の話では、配本は昨年11月下旬の予定だったが、計画の日程を3ヶ月ほど遅れ、年を越しての出版となった。この程度の納期遅滞はこの業界では屡々あることらしい。中野雄氏が『音楽の対話』を出したときも、最初に情報を聞いたときから実際に本が店に並ぶまではずいぶん長い時間がかかったような記憶がある。業界の事情や慣行に不慣れな私には多少とも不具合な時間が長く続いた。これがせめて1ヶ月ほどの遅れであれば、企画から配本までの時間を、入学試験の合格から入学式までの期間のように、人生の至福の日々として送ることができただろう。本の原稿は10年前に書き上がっていて、そしてすでに10年間公開されているのである。書き直す部分は基本的にない。誤りも含めて全てそのまま活字化するのが著者として然るべき態度であろうと思われた。



b0087409_11332694.jpg正直なところを言えば、10月に最初に話をもらったとき、久しぶりに(数年ぶりに)自分が書いた論文を読み直し、思わず赤面して、その全てに手を加えて全面的に書き直したいと衝動したのが本当のところだった。たが、それをすれば最初に書いたものとは全く違うものが出来上がる。気負いが先に立っていて、論証が杜撰になっているところが少なからずある。学術論文として見たとき、荒唐無稽あるいは支離滅裂とさえ感じさせられる問題の部分も幾つかある。が、そういう赤面や羞恥の感覚とは別に、私が率直に感じたのは、「若い」ということであり、そこに今の私よりはるかに若い、情熱と挑戦心に溢れた人間が立っていることだった。若さゆえの欠点もあるが、若いということはやはり素晴らしい。そう感じさせられ、若い私の欠点や誤りをそのまま活字にすることを躊躇う気持ちが消え失せた。そしてもうひとつ。一本の論文に挑戦することは、ブログの記事を一稿書くこととは全く違う。

b0087409_11351846.jpgまず何よりも長さが違う。古層論や思想史方法論にチャレンジしていたとき、私は往復3時間の電車通勤の生活の中で一本一本を構想を練って中身を埋めていた。課題を設定し、内容を構成し、標的と結論を定め、必死で読み調べて、論理の展開を作業していた。電車の中で文章を考えていた。学術論文のよいところは、課題が設定されることであり、そして研究した成果が報告されるところである。課題に対して真剣に格闘して答え(結果)を出していくところがいい。ブログの記事だと、一本一本の分量が少なく、そこに籠めたエネルギーや努力が中途半端で、いくらそれを作品と言ってみてもやはり軽さは否めない。読みながら、何でもっとこう書かなかったのかと思うのと同時に、頑張ってよく書いているなあと素朴に感じる。10年前の自分の方が今の自分よりも勉強熱心だったのではないか。学問に対して謙虚な心を持っていた。学問に夢を持っていた。政治を変える政治学を志していた。

b0087409_11335394.jpg10年の間にそれらの感性と態度は相当に失われ、学問や真理に対する謙虚な姿勢を忘れていた自分が見えてくる。だから、この本の出版は、私にとって年齢を重ねて与えられた一つの名誉であると同時に、学問に対する反省と再起を心に誓う新たなモニュメントでもある。丸山真男の理論についてもっと研究しなくてはいけない。古層論についても本格的な続編を、序章に続く本論を書いて世の中に提示しなくてはいけない。宿題のままずっと残っている「正統と異端」の問題についても、調査研究をして、丸山真男が何をしようとしていたのかを明らかにしなくてはいけない。分かりやすく纏めて意味づけなくてはいけない。そして、私の若い頃の課題であったところの、丸山真男の方法を適用して抉出されるところの日本マルクス主義の政治思想史を論文化しなくてはいけない。誰かがやらなければならないその日本思想史の課題を、人の作品を待つのではなく、自分でトライしなければならない。

b0087409_11315692.jpgそう考えると、もう残された時間がないことに気づく。そして時間がないだけでなく、勉強に怠慢だった自分の根本的な技量不足、力量不足に気づかされる。絶望的な気分になる。そして、だが、さらにもう一つ、丸山真男研究でどうしてもやらなければならないことがある。それは吉本隆明と丸山真男の視角であり、吉本隆明とポストモダンの問題であり、吉本隆明の丸山真男批判を根本から叩きのめすことである。現在の通俗的な「丸山理解」は、実際のところほとんど全て吉本隆明の丸山真男批判に乗っかっている。丸山真男の思想像を吉本隆明の丸山批判を媒介して無批判に自己了解している。吉本隆明の丸山批判を批判する観点を持った知性がどこにもいない。左翼=ポストモダン、右翼=ポストモダンの両陣営が、吉本隆明の丸山批判をそのまま自己の脱構築(=脱近代)の思想態度の前提にしている。この課題は未だに誰も引き受けていない。誰かの研究で納得できるものを私はまだ見ていない。

b0087409_1137489.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2007-01-16 23:30 | 丸山真男
<< Blog Status Rep... 昔のIndexに戻る 小熊英二による丸山真男像の歪曲... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会