本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















阿久悠を悼む(2) - 「様式演歌」と「飼料音楽」の間の70年代
b0087409_167591.jpgたとえば鳥羽一郎の『兄弟船』とか、川中美幸の『ふたり酒』とか、テレビを見ていれば自然に目と耳に入ってくる曲がある。想像力を必要としないワンフレーズでシングルメッセージの演歌群。私はこれを「様式演歌」と呼ぶけれど、こうした「様式演歌」を愛好する一定のマーケットが確実にあり、時代が変わってもなかなか消えない。私はその世界に内在できず、こういう音楽を生活の一部にしている人たちの感性によく共感できない。普通に日本の小学校と中学校に通い、音楽の教科書に載っている歌を習い覚えてきた人間が、『兄弟船』を好み聴く人間になる過程を論理的にトレースできない。きっとこういう曲を聴いている人たちが自民党に投票しているのだろうと思って違和感を埋めていた。60年代までの歌謡曲の世界は「あなたに棄てられて悲しい」「あなたなしで生きていけない」と女が嘆くだけのワンパターンの「様式演歌」が主流だった。



b0087409_1683221.jpg阿久悠を中心とする70年代の音楽は、プレーンで無内容な「様式演歌」の世界を乗り越えて、日本の音楽を彩り豊かでイマジネーションに溢れた世界にした。日本の音楽的水準は70年代の音楽家によって達成されている。阿久悠、井上陽水、中島みゆき、長渕剛。私から見て、そしてこれは阿久悠から見てということと同じだと思うが、水準を達成した日本の音楽は、80年代以降、想像力を枯渇させて、再び無味乾燥でワンフレーズな世界へと固まって行った。才能のある音楽家が、それはコンポザーだけでなく歌手のレベルでも出なくなり、歌の下手な歌手の曲が市場で売れ、それが不思議でも何でもなくなった。80年代以降のイマジネーションを枯渇させた無味乾燥な日本音楽、私から見てその代表はGLAYであり、B'zであり、小室哲哉であり、浜崎あゆみである。彼らの曲はイメージが薄い。映像もドラマもメッセージも薄弱だ。

b0087409_169933.jpgそれらは新しい「様式音楽」のように私には見える。そして、「兄弟船」や「ふたり酒」などに対してと同様に、GLAYを生活の一部として積極的に愛好している人々に内在できない。彼らが自民党に投票しているかどうかは分からないが、彼らこそが、70年代の音楽や文化に対して「クラい」「ダサい」と侮蔑言葉を投げつけている一団であることは間違いないだろう。阿久悠が死んで、阿久悠の死を国民的な葬送儀式として報道し追悼しているマスコミは、安易に阿久悠を神様に祭り上げるのではなくて、そうした問題を掘り下げて考え、日本における時代間の文化対立に対して真面目に向かい合って欲しい。GLAYや浜崎あゆみをいいと思っている日本人は、阿久悠をいいとは思ってないはずで、「時代に訴えかける美しい日本語」は苦手なはずで、受容できず、嫌悪して衝動的に「キモ」だの「ダサ」だのを口に出して否定する対象のはずなのだ。

b0087409_1625953.jpg彼らが阿久悠的な文化表象を嫌うのは、きっとそこに「押しつけ」を感じるからであり、真善美の価値観と教育指導の契機を感じるからだろう。つまり教育が嫌いなのであり、勉強させられることが嫌いなのであり、勉強することが苦手なのだ。教育は少なからず自己否定の契機を伴う過程だが、わがままになり、わずかな自己否定をも苦痛に感じる日本の子どもたちは、知性を媒介して感性的な感動を得るという方法態度に積極的になれない。その結果、人間的な感性が未発達となり、脆弱化し、したがって感性が動物化し、家畜の飼料のような音楽を詰め込んで満足を覚えるようになるのではないか。今の日本の市場で売れている音楽商品の多くは、阿久悠的な高度な水準から見ればブロイラーの餌と同じではないか。音楽だけではない。テレビ番組も、マンガも、新刊本も、マスプロダクションされる大衆文化のコンテンツのレベルが落ちた。

b0087409_1693229.jpgこの二日間のテレビや新聞では、なかにし礼や都倉俊一や、教え子だった石川さゆりや岩崎宏美が阿久悠について語っている。8月3日の午後10時から放送されたNHKの追悼番組での都倉俊一による回想はとても面白かった。が、私はできれば、生前に親しかった関係者ではなく、現在の日本の音楽界で頂点をきわめている宇多田ヒカルや桜井和寿に阿久悠を語ってもらいたい。そういう企画をジャーナリズムは組むべきだ。彼らから見て阿久悠の音楽作品はどういうものなのか。それは時代を超えた普遍性があると言えるものなのか、それとも70年代という限界性において捉えられるものなのか。日本の若い世代にとって、阿久悠は、われわれの世代にとっての美空ひばりのような存在、すなわち、偉大だけれども曲そのものを聴いて感動を覚えることのない歴史的な存在なのだろうか。若い人で、美しい日本語の詞を書ける人に出てきて欲しい。

b0087409_16113472.jpg阿久悠は天才作詞家であると同時に辣腕の芸能プロデューサーであり、『スター誕生』で発掘した歌手の卵を育て上げることに使命感と責任感を持っていた。それぞれの個性にそれぞれのイメージを与えて、売れる人気アイドル(ヒット商品)に仕上げていた。泣かず飛ばずだった石川さゆりに『津軽海峡冬景色』を与え、演歌歌手に転進させて成功させた例は、事業家としての阿久悠の執念と手腕を感じさせる。あの頃、山口百恵と桜田淳子が快調にヒットを飛ばしていたとき、石川さゆりは不遇を託ちながら白いキャップ姿で月刊明星や月刊平凡のページの一隅を飾っていた。彼女の美貌と歌唱力はよく知りながら、「この娘はだめかな」と誰もが薄々思っていたけれど、プロデューサーの阿久悠は決して諦めていなかった。阿久悠の偉大さの一端はこういうところにある。そして、そこからどうしても思うのは、成功を見なかった伊藤咲子のケースである。

b0087409_16175143.jpg歌のうまさなら伊藤咲子は石川さゆりにも岩崎宏美にも負けていない。抜群の才能で大型歌手に育つはずだった。醜聞を報じたのは、私の記憶に間違いがなければ、当時、女性誌の中でもエロティックな趣向で部数を伸ばしていた隔週刊の『微笑』で、新聞紙面の下側の広告欄に『微笑』の大きな宣伝が載っていて、その広告の左側を大きく使って(写真とともに)醜聞の見出しが躍っていた。『微笑』らしく扇情的で過激な見出し文句であり、二人の間に何があったかを赤裸々に暴露していた。思いもかけない事件の発生に驚愕し、同時に猥褻な関心を掻き立てられて、どこかでその記事を読めないものかとオロオロしたことを覚えている。清純派アイドルにとって致命傷の一撃となった。アイドルたちがいつどこでどうやって大人になるかは、同世代の者でなくても大きな関心事であり、当時は芸能雑誌が多くあって、大衆がタレントたちの日々の挙動から目を離さない時代でもあった。
[PR]
by thessalonike4 | 2007-08-04 23:30 | その他
<< 江田五月からメールをもらった頃... 昔のIndexに戻る 阿久悠を悼む(1) - カーネ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会