本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















「9割残留」と「背水の陣」の矛盾 - 福田康夫の無気力と無責任
b0087409_10482691.jpg9割の閣僚を残留させた無改造内閣を「背水の陣内閣」と呼ぶのは言語矛盾ではないか。背水の陣とは、もう後がないという意味で、すなわち最後の最後の決死の陣形という意味である。福田首相が今国会の攻防を一歩も後に引けない絶体絶命の政治戦場だと認識し、その戦いに勝利するために知恵を絞りぬいた陣形を布くと言うのなら、前司令官の幕僚をそのまま起用配置するというのは明らかに論理的に矛盾している。本当にその戦いが生死を賭けた攻防であるなら、自分が考える戦略に応じた最適最高のスタッフをキャビネットに揃えるべきだろう。それが安倍晋三が起用したスタッフと同じになるわけがない。一部のマスコミは、今度の内閣は暫時的なもので、暮れに本格的な改造があるなどと訳のわからないことを衒いもなく言いのけている。それなら「背水の陣内閣」という表現は不適当だろうし、その言葉を呼び名に使うのは矛盾しているではないか。



b0087409_10483559.jpg今度の組閣は冗談のようなものである。あれだけ総裁選で大騒ぎし、連日連夜テレビに出まくって、自民党の「刷新」と「再生」を宣伝しながら、蓋を開けてみれば、閣僚名簿は9割残留で、安倍内閣と何も変わらず、どこにも刷新や出直しの契機はない。総裁選の狂躁で踊らされた自民党支持者たちも脱力して溜息をついているだろう。泰山鳴動してネズミ一匹とはまさにこのことだ。実のところ、福田首相は何も考えていないのだ。この人事を見て、福田首相の政治指導者としての意欲や野心を感じた自民党支持者はいるだろうか。彼には目標とする政治理念や政治課題がないのである。アジェンダがないのだ。総理大臣になって何を実現する、どのように日本を変えるという目的意識がない。だから閣僚選びの基準もなく、必要とする能力を探す動機もない。今度の9割残留内閣の意外は、安倍晋三の政権投げ出しと同じほど無責任な行為のように私には見える。

b0087409_1524484.jpg田中真紀子が「あの人は追い込まれて途中で投げ出すでしょうよ」と吐き捨てるように言っていたが、私も同じ見方をしている。福田首相は、国会開会中で混乱を避けるために改造の規模を最小限にしたのだと言い訳しているが、これは二重の意味でのエクスキューズである。つまり、後で政権を投げ出すときのための言い訳である。急場凌ぎの政権発足で、前内閣の資産と負債をそのまま継承しなければならなかったから、自分の思いどおりにやれなかった。そういう言い訳を布石しているのである。それなら、もの分りのいいマスコミが「福田政権の挫折」に十分同情してくれる。そういう判断に違いない。私は前の記事で、森喜朗と青木幹雄は次の首相を町村信孝と決めていて、衆院選で自民党が勝てる勝機を狙って町村信孝を神輿に担いで解散に出る腹だと予想していたが、今回の閣僚名簿を見ると、何やら諦めのムードと言うか、下野の準備を始めている雰囲気すら感じられる。

b0087409_10484413.jpg今回の15閣僚残留の珍事が福田康夫の本来の意思によるものだとは私には到底思えない。もう少し別のプランがあり、森喜朗や青木幹雄と折衝しているうちに、混乱して面倒臭くなったから、どうでもいいや、そのままにしちまえと放り出したに違いない。戦略や計算があった上での組閣(残留)ではなく、皮肉をこめたブラックユーモアの気分で放った逆サプライズなのである。マーケティングの碩学である村田昭治が、講義で「人事こそ最大の戦略である」と言っていたのを覚えている。村田経営学に従えば、今回の福田首相の組閣は人事の欠如であり、戦略の欠如である。トップは戦略を人事によって実現する。指導者として手を打つべき戦略機会を逸したことは組織の損失であり、その意味で福田首相は無責任と言える。わずかに戦略らしい戦略と言えば、石破茂を防衛相に据えたことだけであり、これは給油新法の国会論戦を睨んだ配置として理解できる。残留人事は内閣支持率に決してよい影響を及ぼさないだろう。

b0087409_153489.jpgそれから、昨夜の記者会見を聞きながら、私は福田首相が「改革」という言葉を何度使うか、どういう表現や強調をするか注意して聞いていたが、最後の方で政策方針の締めくくりの際に一度だけ言ったのを聞き取れただけだった。総裁選のときからそうだったが、福田首相は「改革」という言葉をあまり前面に出さないように配慮している様子が窺える。さりとて「改革」に対して消極的な姿勢も見せないようにという配慮も示していて、「改革」という標語に対して神経質で巧妙な言い回しを心がけているように見えた。従来なら、「全力を挙げて改革を進めて参ります」と言っていたところが、「全力を挙げて政策を進めて参ります」に変わっていた。トークやスピーチの中で「改革」という言葉が入るところが「政策」という無難な言葉に置き換わっている。その反面、新自由主義とか市場原理主義と言うべきところを経済合理主義と巧妙に置き換えているが。いずれにせよ、「改革」は、最早、小泉政権や安倍政権のときのようなギラギラしたエネルギーを失っている。

改革の言葉は、水戸黄門の印籠のような強力なシンボルではなくなった。絶対的な錦の御旗ではなくなった。改革はフェイドアウトしている。それから、首相補佐官の中で中山恭子と山谷えり子は再任されたが、広報担当の世耕弘成は再任されなかった。これも見逃せないポイントだろう。世耕日記にも以前のような快活さと饒舌さがない。

b0087409_1049392.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2007-09-26 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
<< 内閣支持率 53% - 食料品... 昔のIndexに戻る 政治狂躁とプロレタリア文化 -... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会