本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















第五次中東戦争と国連の欺瞞 - ガザの犠牲者も自己責任か
b0087409_12432717.jpgパレスチナ情勢は今日は朝日新聞の記事からも消えた。当然と言うべきか、昨夜のニュース番組では何も報道されることはなかった。日本語の記事では現地の詳しい情報は何もわからない。3/3のイスラエル軍の撤退は、どうやらライスの訪問に合わせた一時的なもので、イスラエル国防相のバラクも地上作戦の継続を言っている。ハマス側もロケット弾攻撃を再開しているため、イスラエルは今度の侵攻作戦の目的としたロケット弾攻撃の終息を達成できていない。田中宇の記事では、イスラエル軍の作戦計画では、ガザに本格的に侵攻して南北に細長いガザを三分割して軍事占領する予定だったと書いている。次に戦闘を再開した場合は、南のハマスに対する軍事侵攻と北のヒズボラに対する軍事作戦の同時二正面作戦になると予想されている。 



b0087409_12434241.jpgその二正面作戦が、シリアを巻き込み、さらにイランを巻き込んで「中東大戦争」になるというのが田中宇の予想で、すでにハマス・ヒズボラ・シリア・イランの四者間には開戦の決意と準備ができていて、イスラエルもそれに応戦して、この機にハマスとヒズボラを地上から完全に殲滅する徹底攻撃に踏み込むらしい。第五次中東戦争。田中宇の記事では、1月下旬にガザの南境の壁を破壊したとき、ハマスはエジプトから地下トンネルを通じてでは搬入できない大型の武器をガザに搬入したと言う。それが事実なら、エジプト国内にハマスを支援する強力な組織が存在することになる。それはイランと繋がっている。であるならば、二正面作戦(第五次中東戦争)が勃発したとき、エジプトの国内も平穏を維持できるかどうか。鍵はエジプトのムバラク政権にある。ライスがイスラエル(3/4)を訪問する前にエジプト(3/3)を訪問したのは、どうも単なる偶然ではないように思われる。

b0087409_12435380.jpg今度のガザへの侵攻で何人の子供が殺されて死んだだろう。外電の写真を見ているだけで、13人から14人の子供の死体の写真を見た。一番小さい子供は生後6ヵ月の乳児。父親が抱きかかえている。そういう写真は、2006年のレバノン空爆のときも数多く見たし、2004年のガザ侵攻のときもニュースになって、ネットで一枚一枚心を傷めながら見たような記憶がある。そのときも父親が死体を抱きかかえている写真が多かった。ロイターやAFPのカメラマンが撮って世界に配信している。せめて、その写真を見よう。何もできない日本人は、テレビのニュースでさえパレスチナ報道をシャットアウトして、見て見ぬふりをしている日本人は、そのことに対する羞恥や不面目や無力感を感じながら、外電が報じる傷ましい画像と向かい合って、一人一人が何事かを感じて噛み締めることをしよう。イスラエルの地上部隊はガザの子供の頭を狙って撃っている。単なる日本語の「巻き添え」という表現では済まない。

b0087409_1244444.jpg確かに、この事態に何も声明を発したり、行動を起こさない日本政府も悪い。それ以上に、事件の報道すらしない日本のテレビは最低だ。だが、いつも思うことは、他の国は何をしているのだろうかということであり、特に欧州の市民はなぜパレスチナを救う運動を本格的に起こさないのだろうという疑問である。パレスチナで公然と殺戮と嗜虐が行われるようになってから、欧州の幾つかの国では左派政権が誕生している。現在ではスペインがそうだろう。左派にも様々な性格があるのだろうが、政権に就いたり離れたりしている各国の左派が、一つに纏まって、パレスチナ問題でEU議会を動かしたり、あるいはAUに働きかけ、さらにアラブ連盟を側面支援して、反イスラエルの国際的な世論の包囲網を作り、国連を動かすという政治構図は作れないものか。世界中で最も発達し成熟した市民社会と民主主義の中で生きているはずの欧州の市民が、パレスチナ問題にはあまりに無関心で冷淡すぎるように見える。

b0087409_12441727.jpg環境問題にはあれほどナーバスなのに、中東の人権問題には敏感に反応しない。日本の捕鯨船を南氷洋まで追跡して、嫌がらせと妨害行為を働くのには何億円もカネをかけ、鯨一頭の「人権(鯨権)」を守るのに情熱を傾けるのに、どうしてその市民的な倫理観や正義感をパレスチナの子供の命をイスラエルの暴力から守る運動に向かわせようとしないのだろう。環境保護団体の市民運動家が船を向かわせるべきは、地中海のテルアビブ沖ではないか。パレスチナがイスラム教であり、イスラエルがユダヤ教だから、だから欧州はパレスチナ問題に冷淡なのである。欺瞞的だ。最近、パネルだの何だのと、我々が高等学校で「政治経済」を習った頃には聞いたこともないような様々な国際機関や国連組織ができて、歴史問題や人権問題もあるが、特に環境問題を中心に各国から代表者が集まって忙しそうに活躍している。その会議や機構のメンバーで特に活躍が顕著に見えるのは、欧州各国代表の女性たちであるように見える。

b0087409_12442985.jpg私は、福祉国家とか欧州市民とかのプラスシンボルの言葉を聞いたとき、すぐに連想するのは、そうした最近の国際会議で活発に立ち回る彼女たちの姿で、人権意識が高く、市民社会の思想的前提を誰よりも強く内面に保持した、日本で言えば国谷さんのような人々ではないかと思うが、彼らはパレスチナ問題に対してはどのように態度を明らかにするのだろうか。それを考え及んだときに、念頭に浮かんでくる言葉は「欺瞞」の一語である。宗教が違えば、EU憲法の人権や民主主義の理念も二重基準が容認されるのか。欧州の人権や環境やジェンダーや市民社会や福祉国家はその程度のものなのか。欧州は、特に英国とフランスは、パレスチナ問題に歴史的な責任がある。今後、欧州が米国にかわって世界を主導する役割を果たそうとするのなら、欧州は米国の中東政策を支持するのではなく、それを厳しく批判して、米国を押しのけてでもパレスチナ問題の解決に踏み込むべきだろう。EU議会で意思統一して、ガザに平和維持軍を入れるべきだ。

b0087409_12452676.jpg国連で米国が拒否権を発動するのなら、コアリッション(有志連合)を作って、艦隊をガザ沖に展開し、地上部隊をガザに上陸させるべきである。スペイン人民戦線のときのように、全世界から義勇兵を募集するべきだ。その費用のファイナンスは、本来ならサウジが引き受けるべきだが、サウジが逃げればイランが請け負うだろう。義勇兵はアフリカやパキスタンやインドネシアから来るだろう。私は空想を言っているのに違いないが、今の国連では誰も何も問題解決しようとしない。潘基文に較べればアナンの方がよっぽど真面目にパレスチナ問題に取り組んでいたように見える。このままでは本当に「中東大戦争」になるし、パレスチナは民族滅亡を余儀なくされる。「双方に対して暴力の拡大を非難する」声明など、欺瞞きわまりないもので、米国の顔色を窺った官僚事務総長声明以外の何物でもない。イラク戦争のときもそうだったが、国連の自殺行為であり、国連憲章の理念と使命の自己否定である。パレスチナ問題を放ったらかして環境だの何だの口先で言っても無意味だ。

b0087409_12563525.jpgイスラエルとパレスチナの間で起きている現実を、「暴力の応酬」とか「暴力の連鎖」という言葉で定義するのは間違っている。これらの言葉は、「テロとの戦争」や「悪の枢軸」と同じかそれ以上に作為的で欺瞞的で詐術的な政治言語であり、イスラエルの暴力と非道を隠蔽し、国際世論の中でそれを正当化するイデオロギーである。現地の実態を正しく反映した言葉ではない。「応酬」や「連鎖」という表現が妥当するほど両者はイーブンな関係ではない。発端は、オスロ合意でアラファトとラビンが1994年に握手した中東和平を覆すために、2000年にシャロンが岩のドームに踏み込んでパレスチナを挑発して始まったもので、残酷な虐殺行為は常にイスラエル軍の手によるものだった。この「暴力の応酬」の表現は、日本の教室のいじめの現場で、いじめを受ける被害生徒がいじめをする加害生徒集団に対して必死で抵抗をしたとき、事態を見て見ぬふりして、被害生徒を助けようとせず傍観する教師が、真実を隠蔽する目的で事実を捏造して言う言葉である。傍観と責任逃れを正当化する言葉だ。

中東で戦争が始まれば、それは米国の責任である。そして国連の責任である。現在の国連は、状況の全体を承知しながら、事態を戦争の方に誘導し、戦争で問題解決させようとしている。自分たちの力で平和を実現しようと努力していない。国連も霞ヶ関と同じで、組織が機能不全に陥っている。外交官(官僚)が使命感や責任感を持って働いていない。官僚のルーティンワークで時間を潰している。ガザで市民や子供が何百人殺されても他人事なのだ。自己責任で済ましているのだ。
b0087409_12504766.jpg
b0087409_161337.jpg
b0087409_15582952.jpg
b0087409_166683.jpg
b0087409_16113855.jpg
b0087409_164436100.jpg
b0087409_16452398.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2008-03-05 23:30 | イスラエルのガザ侵攻
<< イスラエルと靖国神社 - 国連... 昔のIndexに戻る 戦争か革命か、カタストロフとリ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会