「ほっ」と。キャンペーン

本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















八戸の小学生殺人事件 - 晩翠わかば賞入選詩「おかあさん」
b0087409_12495126.jpg一昨日、「報道ステーション」を見ていたら、八戸で母親に首を絞められて殺された8歳の男の子の「おかあさん」の詩の全文が映像で紹介されていた。事件のことや詩がコンクールで入賞していた事実は知っていたが、詩の中身はテレビで初めて見た。一報をネットで知ったときは、当然、強い関心を惹き起こされたが、ネットのニュース記事で紹介されているであろう詩の内容までは踏み込む気になれず、見出しだけを流し見て、親子の事情を書いているかも知れない記事の詳細も確認しようとはしなかった。心が苦しくて傷むからである。だが、テレビは有無を言わせず見させてくる。その詩がとてもよかった。驚くほど才能を感じる詩で、小学生の国語の教科書にそのまま載っていたとしても何の違和感もない。あるいは、金子みすずとか谷川俊太郎のような著名な詩人の作品だと言われても、素人は頷いてしまうほど完成度が高い。 



b0087409_1250757.jpgこの詩には母親に対する全面的な愛情と信頼が溢れて表現されている。素晴らしい。「はずんでいる」のは皮膚や身体ではなくて心なのだ。「あたたかい」「気もちいい」「とってもやわらかい」のは心なのだ。身体の物理的形状が観察されているのではない。子どもから見た母親への愛情と信頼が、心のありかたが表現されているのである。それは、無論、一方向のものではなく、一方的な愛情ではなく、親子の二人の間の愛情である。愛に包まれた嬉しさと喜びが表現されているのであり、嬉しさで心が「はずんでいる」のである。すなわち、見えてくるのは母親の子どもへのやさしさである。この詩を読んだ選者は、きっとこう思ったに違いない。最近の殺伐とした世の中で、親子の愛情が失われがちな世相で、この詩で表現された母子の関係は何と微笑ましいものだろう。その感動を他の生徒にも教えたい。教育的価値も高いこの作品を入選作にしよう。

b0087409_1332714.jpg新聞記事を追いかけると、やはりこの小学校4年生の子は才能があったようで、今年2月の全国小中学校作文コンクールで別の作文が文部科学大臣奨励賞を受賞している。記事によれば、受賞した作文は「ぼくはガーデニング王子」という題名で、畑仕事の様子を書いたものらしい。自宅近くの畑で母親と二人で農作業をしている様子を近所の人が見かけている。できれば、その作文を読んでみたい。この子は一人っ子で、母親は30歳、祖父母の実家に帰ってきて4人で暮らしていた。二人は東京で生活していたが5年前に母親が離婚、故郷の八戸に帰ってきていた。ある新聞の記事では、母親が定職に就いておらず、将来の生活について悩んでいたと書かれている。だが、記事の詳しい地元紙にはそのような情報はなく、殺人の動機は現在では不明となっている。男の子が通っていた小学校の教頭が、新聞記事の中でこの子の文才を絶賛している。恐らく、この教頭先生が「おかあさん」の詩を新聞記者に紹介したのだ。

b0087409_172712.jpg作文を全国コンクールに出すように指導したのもこの教頭かも知れない。想像だけれど、この教頭は、私と同じように、2年前の作品である「おかあさん」の詩を読んで感動したのではないか。この母親とこの男の子の家庭の境遇を教師の立場で知っていたからこそ、なおさら、この詩に強い感銘を覚えたのに違いない。警察から殺人事件の一報を受けたときの、この教頭の衝撃と慟哭はどれほどのものだっただろう。詩を公開することは、少し躊躇があったかも知れない。詩のことを聞いた新聞記者も衝撃だっただろう。何か、そのときの情景がドラマを見るように頭の中に想像される。母親が家に閉じこもりがちだったという情報もある。真相はわからないが、母親は東京で苦労をして、八戸に帰ったときは相当に心を傷つけていたのだろう。男の子の方は田舎の環境ですっかり元気を取り戻して、大好きな本を読みながら、楽しい学校生活を送っていたのに違いない。

b0087409_12502781.jpgそういう母子関係を想像しながら、あらためて詩を読み直すと、これは単なる日常の写実や実感の素朴な表現ではなくて、母親に愛の心をいっぱい送り届け、母親を懸命に励ましている作品なのである。母親の心をはずませようとしているのだ。男の子は、母親が東京でどれほど辛い思いをしたかをずっと傍で見て知っていたのである。この母親のほっぺは必ずしもぷにょぷにょではなかったも知れない。ふくらはぎはぽよぽよでなく、ふともももはぽよんではなかったかも知れない。家に閉じこもりがちだったという情報からは、やつれて精神不安定になっている若い女の姿が浮かんでくる。この事件の報道に接して、われわれの念頭に浮かぶのは、狂気とか不可解とかの言葉ではなくて、やはり格差社会という問題ではないだろうか。同じような事件が続けて全国の各地で起きている。頭の中から一時消えていたけれど、平塚で二人の子供をマンションから投げ落として自殺した母親の事件を思い出した。

b0087409_17315597.jpgどう言えばいいか、別に気負いとか使命感とかそういうものではなく、私にはどうしてもこういう問題とは自分を向き合わせなくてはならないのだという気分がある。それに触れずに先に行くことができない。何が起きているのかを考え、言葉にしなくてはいけないと思い、最も適切な言葉は何だろうかといつも思う。格差社会の戦場にいるのだ。それが私自身が最も納得できる言葉である。新自由主義の砲弾が飛んできて、隣にいた人間の頭部を吹き飛ばしたり、前を歩いていた人間の内臓をぐしゃぐしゃに潰したりして、死体が散乱して血だらけになった地面の上を歩いているのだ。戦場だから、次の瞬間に砲弾の犠牲になるのは自分だから、誰にも何も声をかけず、目を背けることもせず、ただ生体が死体になる事実だけを喉からのみこんで歩くだけなのだ。戦場では弱い者から犠牲になるのだ。イスラエルの地上軍はガザの子供を銃で頭を撃って殺すが、日本の新自由主義は日本の弱者の子供をこうやって殺す。

神々は渇く。新自由主義の神はさらに渇く。

b0087409_17142710.jpg
b0087409_1335483.jpg
なるほど、「荒城の月」の縁で竹田の学校が選に入るんだね。

【今日の一曲】

バッハの「パッサカリア」を。10年前、中野雄先生に丸山真男の執拗低音論(古層論)をレクチャーしていただいた際に、「シャコンヌ」と一緒にこの曲を教えてもらった。

本当は、この曲を紹介するときは、中野先生のご研究と執拗低音論(執拗に繰り返される低音部と主旋律の上声部の変奏、その比喩で説明される丸山真男の日本政治思想史の方法論)の話をしないといけないのだが、今日はただ悲しい気分の時に聴く曲としてご紹介する。


[PR]
by thessalonike4 | 2008-04-04 23:30 | 新自由主義と福祉国家
<< 渡辺貞夫のCM音楽 - 資生堂... 昔のIndexに戻る 麻生太郎新総裁と解散総選挙 -... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会