「ほっ」と。キャンペーン

本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















カテゴリ:福田政権・2008年総選挙( 15 )
改革派の陰謀 - 山本一太のNHK攻撃、山本有二の政府系ファンド
b0087409_133568.jpg東京に雪が降るのは、例年なら2月の終りから3月の初めにかけての頃である。この時期、西高東低の冬型の気圧配置が緩み、大陸から移動性の低気圧が日本列島に近づいて、その低気圧が太平洋側を西から東へ進む。そのときに東京に雪が降る。昭和11年2月26日の二・二六事件、万延元年3月3日の桜田門外の変、歴史上の政変を劇的に演出した首都の降雪は、この大陸からの移動性低気圧によって齎されたものだった。昨日の東京の雪も全く同じ気象によるものだが、例年よりも一か月も早い。東京の雪は春の訪れの前触れなのである。本当なら、今頃は天気図の列島の上に縦の線がびっしり並んで、厳しい西高東低の気圧配置の中にいなければならないはずだ。冬の季節がなくなった。西高東低の気圧配置の天気図を見なくなった。半井小絵は、気にならないのか何も言わない。倉嶋厚だったら、一言くらいは解説で触れたかも知れない。地球温暖化が影響を及ぼしている異常気象なのである。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-01-24 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
NHKの事件は新自由主義の陰謀だ - 「せんたく」と新二大政党
b0087409_12355553.jpg最低気温が零度近くまで下がり、東京も極寒の中にある。部屋の中にいても朝は手が悴むほど寒い。思いが自然に及ぶのは、路上生活者の人たちのことで、『ワーキングプアⅢ』に出ていた池袋の彼は大丈夫だろうかと気になる。ホームレスの問題が日本で大きな問題になって十年ほど経つが、昔はそれほど気になることはなかった。自分が年をとり、体も弱くなり、冷暖房のない路上で人が暮らすことがどれほど厳しいことかを想像するようになった。そう言えば、子供の頃、田舎で、年寄りはよく天気の話をしていた。「今日はいい日和だね」と、よく年寄り同士が天気の話を言い合っていた。それは、単に無意味な話題で間を持っていたわけではなく、高齢者は健康の不安と向かい合っていて、急な気温の変化で体調を崩しやすく、だから、「いい日和」が何よりの安心であり、生きる毎日の喜びだったのだ。健康でいられる天候への嬉しさが言葉になっていたのだ。そのことがようやく分かる年になってきた。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-01-22 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
大田弘子の「成長戦略」と改革プロパガンダ- 国益毀損の責任発言
b0087409_15222566.jpg昨日(1/18)は大田弘子の一日だった。大活躍した。午前、関係閣僚会議に1月の月例経済報告を提出して政府の景気判断を示し、これが新聞記事になって大きく報道された。その足で外国人記者クラブで記者会見して、このニュースが国内外に配信された。午後、衆参両院で通常国会冒頭の経済演説に責任閣僚として立ち、「日本は『経済は一流』と呼ばれる状況ではなくなった」と言い、この言葉が夕方から夜の日本中の全てのテレビのニュースで報じられた。さらに最後に、テレビ朝日の報道ステーションに生出演し、古舘伊知郎を相手に「成長戦略」の持論を滔々と展開、視聴者に向かって「改革」の継続を熱く訴えた。私は、ネットで配信記事を見ながら、「経済は一流ではない」の発言は大きな波紋を呼ぶだろうと思ったが、まさか同日の報道ステーションに生身の大田弘子が出て来るとは思わなかった。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-01-19 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
自民党内の改革路線転換の動き - 中川昭一の財政出動解禁論
b0087409_1272330.jpg 昨日(1/17)、阪神大震災の日に自民党大会があり、NHKのニュースではこの二つが報道されていた。国会の日程の都合上、この日に党大会を設定せざるを得なかったのだろうが、国民感情としては率直に自民党に対して不信感を隠せない。追悼の日に党大会の開催は相応しくないだろう。無神経な印象を受ける。その日に安住淳の「ガソリン値下げ隊」を大阪に派遣して街頭宣伝のパフォーマンスに興じた民主党に対しても無神経だと思うし、官房長官会見の席で町村信孝に暫定税率維持のパネル講義を演じさせた政府自民党のやり方も問題だと思う。この日は暫定税率問題を喋々するべき日ではなかった。この話題でテレビのニュースの画面を埋めさせる日ではなかった。13年前を思い出し、震災の犠牲者に静かに祈りを捧げる日だった。二大政党の党利党略が透けて見え、国民感情無視の政府と政党の姿勢に不愉快を感じる。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-01-18 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
色褪せる改革加速論 - 「改革が遅れているから株が下がるのだ」
b0087409_146525.jpg東証平均株価が下落してニュースになり、それが報道されるたびにマスコミが「改革の速度が遅いから」と言って叩く言論状況が出来上がっている。これから東証はさらに下落するだろうから、当面、この言論環境は変わらないということになるだろう。NHKの7時のニュースでは、証券会社の人間が「改革の遅れ」を厳しく批判する映像が流されていた。何となく切羽詰っている感じで、株が下がって困っている表情で、あまり「改革」の政策的中身を承知した上での訴えではなく、象徴言語として「改革」を言っているように聞こえる。とにかく株価が下げ止まって欲しいという願望があり、竹中平蔵たちがそう言っているから、それをそのままオウム返しで口から発しているという印象を受けた。NHKの7時のニュースはそんな感じで、つまり構造改革の加速について、この国の社会全体の利害ではなくて、一部の株式市場の利害者たちの要求であるという処理が施されている。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-01-17 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
「改革新党」の謀略シナリオ - 小池百合子・竹中平蔵・前原誠司
b0087409_1334361.jpg年始から政治が不気味に動き始めている印象がある。衆院選での自公政権の敗北が必至になりつつある状況で、それに手を打つべく、いろいろな思惑が錯綜して新しい流れを作りつつある。最近のマスコミに頻繁に顔を出しているのが、小池百合子と前原誠司と竹中平蔵の三人で、1/6のフジテレビと1/7の朝日新聞に小池百合子と前原誠司が、1/6の日本テレビと1/8の朝日新聞に竹中平蔵が登場していた。メディア側、すなわち現在の支配権力の側(資本と官僚と新聞)が何を考え、どのような策に出ようとしているか、何となく手の内が見えつつある気配がする。1/8の朝日の記事は、ヒステリックに消費税増税を唱えたもので、竹中平蔵に「税で連立するな」と言わせている。1/6の日本テレビでも同じ発言をしていたが、自民と民主の二大政党で消費税に賛成反対の立場を分けよというもので、消費税を選挙の争点に据えることを意図している。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-01-09 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
年頭に予想する2008年の政治 - 総選挙で民主党は勝てるか
b0087409_16144467.jpg元日の朝日新聞の社説は「歴史に刻む総選挙の年に」と題された記事で、政治改革20年の節目に政権交代を実現させようという意気込みを示したものだった。朝日新聞は今年の総選挙を「政治改革20年の総決算」と位置づけ、社説の横に配した記事では、1988年に当時自民党議員だった武村正義らが小選挙区制導入の提言を発した経緯に遡り、そこから20年間の「二大政党制」の流れを追いかけ、今年がいよいよ政権交代実現の年で、長年の「政治改革」の理想が成就する年だという意味づけをしていた。思えば、保守系の新聞も確かに小選挙区制と政治改革を宣伝し扇動したが、他の誰よりそれに熱心だったのは朝日新聞だった。そのことは目撃者の一人として証言できる。「二大政党制による政権交代」は朝日新聞の宿望であり、1978年の江田三郎と松前重義の「新しい日本を考える会」の頃から、そのバックで「二大政党制」の左側勢力の大目付役をやっていたのは朝日新聞だった。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-01-03 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
果てしなく続く政治の季節 - 戦場化された国民生活と日常意識
b0087409_1525121.jpg長い長い政治の季節が続いている。二年前の夏の総選挙から始まった政治の激動が、そのまま途切れず、安定することなく、揺れながらわれわれの日常を覆っている。人々の政治への関心は確かに高まっていて、それは国民の生活が苦しくなって不安でどうしようもないからで、経済と生活の打開を求めて、人は否応なく政治に関心を向けるのである。小泉改革が熱狂的に支持されたのも、人々の生活の困窮と逼迫が直接の要因だった。小泉・竹中の構造改革を通じて楽園へ行こうと希求したのである。小泉純一郎と竹中平蔵に騙され、電通と民放の宣伝に騙されたのだ。国民の暮らしは二年前より昨年、昨年より今年と確実に悪化している。それは経済の弱体な地方ほど顕著なはずで、いわゆる三位一体改革の負の波及効果が出て、地方経済は確実に打撃を受けているはずだ。二年半前に(騙されて)投票した結果の報いを受けているのである。中産層の内実を保持した生き方ができたときは、人は政治に強い関心を持たずに済んだ。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-12-24 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
薬害肝炎禍の悲痛と暗澹 - 今村泰一と宮島彰を刑事告訴せよ
b0087409_13295044.jpg薬害肝炎のニュースを見ているうちに、何だか自分の肝臓にも微かに痛みを感じてきて、数日前からアルコールを口にするのをやめている。被害者の話を聞いていると酒に手を出す気になれない。与党の中からも一律救済を求める声が強く上がっていたが、結局のところ、福田首相の政治決断はなかった。外聞を捨てて官僚の主張に従う方を選んだ。この国の官僚権力の強靭さに恐れおののく。官邸など意のままに動かせる。官僚権力の冷酷支配にも震え上がるが、今回の事件でそれ以上に衝撃なのは、あの薬害エイズ事件と全く同じ事件が目の前で繰り返されたことである。これは誰しもが感じていることだろう。薬害エイズ事件が世間で騒ぎになったのは、今から十年ほど前で、例の菅直人が厚生大臣になって、厚生省のロッカーから隠し保管されていたファイルを見つけ出したことがあった。菅直人は被害者家族の前に土下座して謝罪、大きな感動の政治の場面を作った。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-12-21 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
福田内閣は総辞職せよ - 年金問題は長妻昭に全対策を委ねよ
b0087409_11404450.jpgこの季節になると、東京でも少し郊外まで離れれば夜空に星が見える。先週の金曜日の夜は南東の天空にオリオン座とシリウスがきれいに見えた。オリオン座の横に大きな赤い星が光っていて、あれはきっと火星だろう。オリオンの外郭対角線、青い星はリゲル、赤い星はベテルギウス。小学3年生のときに図鑑を見て覚えた。青い星は若くてこれから勢いのある星。赤い星は燃え尽きて寿命が近づいている星。福田政権は生まれてまだ3か月しか経ってないのに、燃え尽きて寿命を迎えつつあるような様相を見せている。今日(12/18)の毎日新聞の記事に世論調査の結果が出ていて、それは二日前の共同通信よりも悪い数字だった。内閣支持率33%。この数字は低い。共同通信は35%。通常、内閣支持率は、共同通信か朝日新聞が最も低い数値を出す。毎日新聞が共同通信よりも低く出たのに驚かされた。明らかに年金問題が大きく影響している。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-12-18 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
昔のIndexに戻る


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会