本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















カテゴリ:イージス艦衝突事故( 7 )
隠蔽工作はなぜ破綻したのか - 石破茂の独断専行と人望欠如
b0087409_1341243.jpgわずか一日数千人の訪問者が見るだけの弱小ブログだが、微かに政治を動かしているかも知れず、昨夜(2/28)、野党三党の国対委員長が都内のホテルで会談し、石破茂への辞任要求で方針を一致させたとの報道があった。本当は、四野党が幹事長会談でイージス艦問題の国会証人喚問を統一要求して欲しかったが、この問題で野党が足並みを揃える動きを見せたことは意味がある。本日(2/29)、衆院予算委員会でイージス艦問題の集中審議が組まれているが、自民党はこの審議の後に予算案(税制法案)を委員会採決する構えであり、民主党は強行採決なら審議拒否だと言っている。果たして石破茂に対する本格的な追及が今日の国会で見れるのか、今日の午後が終わってみないと分からない。民主党が腹の中で何を考えているかは依然不明で、今週初めから石破茂と防衛省の隠蔽工作があれだけ明白になっていたのに、民主党は国会でのイージス艦問題の集中審議を積極的に求めず、時間を稼がせて、自民党が予算案の強行採決に出る時機を与えていた。 

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-02-29 23:30 | イージス艦衝突事故
国民への謝罪と反省のない舩渡健の会見 - 石破茂辞任の政局
b0087409_1417301.jpgたとえば東京に住む者が、難波から南海に乗って和歌山へ行ったり、近鉄に乗って生駒の方に行くということは稀である。その裏庭的な、和泉や河内の地域の一帯を、私は「ディープ大阪」と呼ぶけれど、逆に、関西に住む人とか、関東以外の地方の人が千葉や房総を訪れることは滅多にないだろう。それはバスか電車で成田へ向かうとき、あるいは成田から帰ってくるときの旅の車窓の経験でしかないはずだ。関西や地方の人が実際に千葉県に足を踏み入れるのは、一生に一度あるかないかではあるまいか。そこはまさに「ディープ東京」。表から隠れた裏庭の地であり、よそから来た人に積極的にお見せする場所ではなく、その実相は、リムジンバスから目に入る東関東自動車道の両側の景色からも容易に察することができるだろう。東京湾の近くを走っているのに海は見えず、殺風景な灰色の倉庫群と工場群が立ち並び、無機質で殺伐としたコンクリートの景観が延々と続く。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-02-28 23:30 | イージス艦衝突事故
隠蔽工作の真犯人は石破茂 - 野党は幹事長会談で証人喚問を
b0087409_21355335.jpg昨日(2/26)未明から今朝にかけて、イージス艦関連の情報が堰を切ったように流れ始めた。防衛省と自衛隊の情報隠蔽工作が綻びを見せ始め、辻褄が合わなくなった「事実説明」に対して、マスコミと野党の視線がようやく向かうようになった。昨夜のテレビ報道では、何と交代前の当直士官を事故後の19日午前10時前にヘリで防衛省に呼んで事情聴取していた事実が明らかになったが、今朝の新聞報道では、あろうことかその席に防衛相の石破茂が同席していた事実が判明した。昨日から今朝の関連報道を総合的に勘案して推理すると、今回のイージス艦問題の隠蔽工作を統括指揮していたのは、他でもない石破茂本人だという結論になる。例の「2分前に緑色の灯火を見た」という「目撃情報」とその流布は、石破茂自身がイージス艦の事故責任を逃れようとして率先して情報工作活動に奔走したもので、国民を欺くべく意図的に情報の隠蔽と事実の捏造を行ったものである。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-02-27 23:30 | イージス艦衝突事故
イージス艦問題への政治の無反応 - 漁師の遭難は自己責任か
b0087409_14411843.jpg勝浦の川津漁港で昨日(2/25)の朝に「浦じまい」の儀式をやっている場面がテレビで放送されていた。海で遭難した漁師仲間の救助活動に区切りをつける共同体の儀式で、地元では江戸時代から続く風習だと言う。袈裟を着た僧侶が海に向かって先頭で経を読み、漁村村落の集団が小太鼓を叩いて祈りを捧げる。漁協川津支所の外記栄太郎組合長と親族の女性の二人が果物を港の海に投げ入れ、「哲大、お父さんと食べるんだよー」と言っていた。この川津漁港の祈りの情景は、漁師親子が遭難した直後から何度か見る機会があり、非常に印象的で、今回のイージス艦の事件の中で一つの大きなモメントになっている。古きよき日本の村落共同体、そこに生きる純朴な人々の心の健気さを感じさせられ、NHKの大晦日の「ゆく年くる年」を思い起こされ、あの映像に心から感動させられる。あの太鼓を叩く独特の「御法楽」の形式は日蓮宗のものだろうか。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-02-26 23:30 | イージス艦衝突事故
艦長と当直士官を証人喚問せよ - 厳罰こそ最大の再発防止策
b0087409_12511254.jpg事故発生からすでに5日が経つが、イージス艦の関係者が国民の前に出て来ない。発信者不明の小出しの情報がマスコミに流されて伝わってくる。昨日(2/24)は、午前4時に交代した見張り員が、針路右前方から漁船が接近しているのを承知しながら、「漁船の方が避けてくれると思っていた」と証言しているという事実が報道された。今朝の朝日新聞一面では、艦橋の当直士官が午前4時の当直交代時に漁船団接近の情報を引き継いで、漁船団の存在を認識していた事実が明らかにされている。当直交代前と当直交代後の二人の当直士官は、右手前方から接近する漁船団を認識していたのであり、認識していたにもかかわらず、事故1分前まで自動操舵を切り替えず、法律で義務づけられた衝突回避行動もとっていなかった。午前4時に当直を交代した要員は当直士官を含めて26名と言われているが、誰も表に出て来ず、未だ氏名も明らかにされていない。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-02-25 23:30 | イージス艦衝突事故
イージス艦「あたご」艦長の舩渡健は公の場で謝罪と釈明をせよ
b0087409_11134927.jpg事故から4日経ち、最初の記事を上げてから3日が経ったが、イージス艦が本当に事故直後に人命救助に動いたのかどうか、マスコミの報道を見たかぎりでは確信を持てず、むしろ疑念ばかりが大きく残る。事故当日の夜のNHKのニュースと翌20日の朝日新聞には「あたご」の人命救助の初期行動については全く触れられておらず、そのことが報道に接した者としては不審な点であり、敢えて問題を提起する意味で記事を上げたが、これまで確認したところでは、毎日新聞の19日の記事に少し触れられているだけである。この記事は自衛隊の発表をそのまま書き写しただけだろう。防衛省は捜索活動を行ったと公式に言っている。だが、この公式発表はそれを証明する第三者の目撃情報もなく、そして情報を二転三転させる海上自衛隊のこれまでの習性から考えて、事実かどうか簡単に信用することはできない。仮に事故の後に内火艇を出したとしても、それがどの時点だったのかという問題がある。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-02-23 23:30 | イージス艦衝突事故
イージス艦はなぜ人命救助行動しなかったのか - 船員法13条
b0087409_11201331.jpg今回の房総半島沖でのイージス艦の事故について気になることがあり、マスコミでもネットでもあまり触れられていないが、事故を起こしたイージス艦の艦長と乗組員は、なぜすぐに漁船の乗組員の救助活動をしなかったのだろう。新聞記事を読むと、事故が起きたのは19日の午前4時5分頃で、約20分後の午前4時23分にイージス艦「あたご」から海上保安本部に連絡が入っている。具体的に海上保安本部にどのような情報を入れたのかは不明だが、事故を察知した後で、現場の海上を目視して、漁船「清徳丸」の被害状況は一目瞭然だったはずだし、即座に人命救助に動いて当然だったのではないか。イージス艦が人命救助に動いた形跡は見られない。マスコミは、事故原因やその後の防衛省の報告と対応の遅れを問題にして批判しているが、私にはこの問題が最も大きく引っかかる。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2008-02-20 23:30 | イージス艦衝突事故
昔のIndexに戻る


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会