「ほっ」と。キャンペーン

本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
紅白歌合戦で中森明菜と工藤静香とアンルイスを見させて
b0087409_13483281.jpgせっかくの紅白出場歌手発表のタイミングだったのに、亀田大毅と朝青龍の謝罪会見が邪魔をしてしまった。NHKにとっては残念な事態だろう。朝青龍はともかく、亀田一家の騒動がこれほど高い大衆の関心を集めるのは私にはよくわからない。それはテレビ局資本によって作り出された情報商品(コンテンツ)としての「関心」だが、その「関心」を作り出す側も、「関心」劇の主役で立ち回る不細工な役者たちも、「関心」に群がって涎を垂らしながらテレビを見ている大衆も、あまりにレベルが低くて、とても日本で起きている現実だと思えない。「亀田コンテンツ」のインダストリーとマーケットは、一昔前のフィリピンとか南米の国民の民度に適合するものである。30年前に比国や南米に行けば、「亀田コンテンツ」的な騒動に毎日熱狂しているレベルの低いプロレタリアな大衆がいた。そして日本人はそれを冷ややかな目で見ていた。どこまで墜ちれば気が済むのか。 

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-30 23:30 | その他
守屋逮捕の法理 - 接待ゴルフの賄賂認定と「身分なき共犯」
b0087409_137108.jpg守屋武昌の逮捕で注目させられた点は二点ある。第一は検察がゴルフ接待を賄賂として認めた点であり、第二は妻の幸子が収賄の共犯で逮捕された点である。山田洋行による守屋夫妻へのゴルフ接待は8年間で300回以上、金額にして1500万円以上の巨額に上る。山田洋行は防衛省の納入業者であり、省の幹部だった守屋武昌が納入業者とどういう関係になれば法的な立場がどうなるかは常識として知っていただろう。守屋武昌も宮崎元伸もゴルフ接待が賄賂になるとは思っていなかったのである。何故なら、そういう前例がないから。賄賂とは、公務員の「職務に関する不正な報酬としての利益」であり、飲食の接待や売春婦の提供を含む「人の需要または欲望をみたすに足りる一切の利益」が定義である。が、これまでの疑獄事件でゴルフ接待が賄賂とされて追及された事件は、私の記憶では一件もない。この意義はきわめて大きい。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-29 23:30 | 防衛省疑獄事件
守屋逮捕と利権の暗黒宇宙 - 秋山直紀からアーミテージまで
b0087409_1352377.jpgようやく守屋武昌の逮捕。朝刊記事(11/28)だけを読み較べると、朝日の取材が他を抜きん出ている。朝日の記事では、見出しに「政界ルート視野に捜査」の表記が入っていて、記事の中にも特捜部が防衛族議員の捜査に着手する見通しになったことが書かれている。他の新聞には政治家への言及はない。担当記者の博打の部分もあるだろうが、検事からのリーク取材で朝日の記者だけが「裏」を取ったということだろう。1面の見出しで他紙にない「政界ルート」の表記を入れる判断はデスクがする。デスクは記者に「裏は取ったのか」と確認をしたはずで、記者はデスクに検事からの取材内容を詳細に報告しているはずだ。「よしそれなら」と判断して見出しを打った。逆から見たとき、これは検察が朝日だけに「政治家への捜査」を漏らして書かせたという意味で、要するに国民一般への情報内示である。政治家を逮捕すると言っている。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-28 23:30 | 防衛省疑獄事件
守屋武昌への強制捜査と政局分析 - 右手に解散、左手に連立
b0087409_1251062.jpg昨日の記事のコラムに 「気配から察すると、たぶん今週、守屋武昌の逮捕と防衛省と山田洋行への強制捜査がある」 と書いたが、今朝の朝日新聞の1面に、早速、「守屋前次官、強制捜査へ、週内にも収賄容疑で」の見出しが躍った。われながら冴えている。(自慢話で恐縮だが) まだ嗅覚は衰えていない。先週末の報道を見ていると、週明けに検察が強制捜査に動く気配が濃厚に漂っていた。特にNHKの7時のニュース。NHKの7時のニュースというのは他のニュース番組とは違う。民放のようにだらだらと(視聴率以外は何も考えずに)ニュースを流しているわけではない。国民に対する国からの告知とか予告とか啓蒙とか教育の意味と機能を持っている。悪く言えば意図的で操作的。日本国の行政や司法が次に何をやるかを示している。彼らはNHKの7時のニュースにフォーカスしていて、大事な情報は周到にタイミングを測ってそこで必ず出す。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-27 23:30 | 防衛省疑獄事件
ブログが予想する2007年今年の漢字 - 油 姫 捩 辞 龍
b0087409_12271740.jpg年末ジャンボ宝くじが発売され、東京の街は一気に師走ムードの雑踏となった。これから一か月ほど気ぜわしい毎日が続く。朝の電車がやたらと混み、夜の電車は彼らを酔い客にしてさらに不快に混雑し、駅に向かうのが憂鬱に感じられる季節となる。米国ではサンクスギビングが開けてクリスマスまでのオフのシーズン。ニュースでは米国の年末商戦が好調なスタートを切ったと報じられている。サブプライム問題の影響でリセッションが予想されながら、それとは逆の「旺盛な個人消費」の動きが未だに続いている。その理由はわからないが、米国の消費者が財布の紐を締めれば、おそらくクレジットカード債権の信用収縮が本格化することになる。信用を拡大するためには消費をさせて、債権全体のエクスパンションを不断に続けないといけないのだ。クレジットカードを使わせて、商品を買わせるしかない。さて、本題に入って、今年の漢字は何になるだろう。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-26 23:30 | その他
NHKドラマ「海峡」 - 岡崎栄演出、ジェームス三木脚本の傑作
b0087409_13475556.jpgNHKドラマ『海峡』がとてもよかった。全三回ではもったいない。せっかく岡崎栄が演出して日韓現代史を描いたドラマを作るのだから、『大地の子』に準ずる規模の、全十回ほどの大型の企画と構成にして欲しかった。物語のテーマは十分にそれだけの内容を制作できる深さと広がりを持っている。うがった見方だが、岡崎栄が構想するドラマのスケールがとても大きくて、その構想力にジェームス三木の脚本やNHKの制作方針が追いつかなかったのかも知れない。岡崎栄は本当にいい作品を作る。見る者を感動させてくれる。このドラマはジェームス三木と岡崎栄の合作であり、ドラマの中に二人の創作の要素がある。第一話の釜山港の別れのシーン、第二話の佐世保港の別れのシーン、バックにさだまさしの主題歌が流れて感動を盛り上げる名場面は、まさに岡崎栄の手法であり、カメラの撮り方やセットの設え方が『大地の子』を彷彿させる。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-25 23:30 | その他
FRBのジレンマと基軸通貨崩壊 - 預言者田中宇のドル黙示録
b0087409_1518365.jpg東京では木枯らしが吹いて、街はすっかり冬色の表情になった。朝の陽射しが真横から顔にあたって眩しい。新聞やテレビに予算関連のニュースが増え、人の意識や関心もマクロなパースペクティブのものへと変わりつつある。昨日のNHKのテレビを見ていると、「7時のニュース」でサブプライム問題と原油高の報道があり、「クローズアップ現代」では外資系ファンドが日本の不良債権を二束三文で買い漁って濡れ手に粟の大儲けをしている実情が映し出されていた。ゴールドマンサックス社が経営破綻した全国のゴルフ場を買い集め、現在の日本のゴルフ場の経営王になっている事実も報道された。なるほど、これで社員の冬のボーナス6700万円が出るのかと頷かされる番組だった。日本の働く貧困層の生きる希望と夢を摘み取り、その無数の嘆きと涙の雫が絞り集められ、一万円札の巨大な塊となってハゲタカの胃袋にのみこまれてゆく。 

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-22 23:30 | 田中宇と世界金融経済
信用収縮は原油バブルをクラッシュさせる - 住宅・石油・中国
b0087409_15332943.jpg住宅ローンの債権を証券化して債券(金融商品)にして売る。サブプライムローンのクラッシュの問題については、ここが理解の入り口で、われわれはそこで逡巡して立ち止まる。住宅資金について銀行からの借入と返済だけの単純な循環でしか思いつかないわれわれは、その債権と債務がさらに別の金融商品に化けて市場で流通する図を容易には想像できない。が、例えばその債券を買う立場になったと考えてみて、金融会社から値上がりと高利回りを宣伝されれば、昔のNTT株のように飛びつく心理になるのだろう。住宅ローン債権を組み込んだ金融商品が売れるためには、住宅ローンの契約がどんどん増え、そこに資金が大量流入するという前提が必要なはずで、すなわち住宅購入の需要が押し上がり、さらに住宅価格が高騰して、購入者が転売しても債務を返済できるという条件があったから、その金融商品が売買できたのに違いない。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-21 23:30 | 田中宇と世界金融経済
構想と設計は自らの手で - 田中宇の国際金融論の刺激と覚醒
b0087409_1348251.jpgパキスタン情勢について情報を得ようとして、田中宇のサイトを覗いたら、パキスタン関係の最新記事はなかったが、そのかわりに国際金融経済の興味深い記事が溢れていて、夢中になって読んでしまった。面白い。重要な情報をよく押さえているし、読みやすくてわかりやすい。田中宇に対する評価と印象がさらに変わった。彼はインプルーブしている。昔はこんなに経済通の人ではなかった。今の記事は、知識も視角も、明らかにエコノミストの水準にリーチしている。それから、文章がシュアでステイブルになった。以前は記事の筆致に若干の飛躍が見られ、論理展開の不慣れさと若さが感じられたものだった。最近の記事はそれがない。構成がきちんとできていて、段落ごとに情報とメッセージがビシッと纏まって議論されている。エコノミクスのインテリジェンスに裏付けられたジャーナリズムになっている。私はこういうものを読みたい。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-20 23:30 | 田中宇と世界金融経済
パキスタン親米政権の動揺と米国の途方 - テロとの戦いの黄昏
b0087409_15541263.jpg先週末、福田首相を迎えたワシントンは、きっと日本の問題どころではなかったはずで、ホワイトハウスの首脳たちの関心事はパキスタン情勢一色だったはずだ。おそらく米国のメディアも最近のトップニュースはパキスタン問題だろう。風雲急を告げるパキスタン情勢の行方は、新テロ特措法とも密接な関係がある重大な問題のはずだが、日本国内ではメディアがあまり高い関心を寄せようとしない。米国はネグロポンテを3日間現地に張り付かせた。本当なら、NHKは道傳愛子を現地に張り付かせて、刻一刻の情勢の変化を「7時のニュース」で詳しく報道するべきだし、昔の「ニュースステーション」であれば、駐在員からの現地報告を毎晩必ず放送していただろう。ムシャラフやブットへのインタビューは、今この瞬間に必要なニュースコンテンツであり、それが撮れれば、世界中の放送局から映像提供のオーダーが殺到するに違いない。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-19 23:30 | 田中宇と世界金融経済
昔のIndexに戻る


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会