本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















昭和天皇の合祀反対メモ - ダワーの「敗北を抱きしめて」から
b0087409_16491163.jpg昭和天皇がA級戦犯の合祀に対して不満であり、その意を側近に漏らしていたという情報は、小熊英二の「民主と愛国」の「結語」の中に少しだけ出てくる(新曜社 P.821)。補注で典拠として赤澤史朗の02年発表の論文が示されているだけで、それ以上の詳しい説明はないが、この「結語」で件の情報に接していた読者は少なくなかったのではないかと思われる。私自身はそれほど注意を惹かなかった。ありそうな話だとは思いながら、今回のようにそれを証明する具体的な史料が提出されて論じられたものではなかったからである。産経新聞や右翼の側の失意と狼狽は大きいだろう。早速、政治が動き出して、次期首相就任が確実視されている安倍晋三が8月15日の靖国神社参拝を取りやめる意向を伝える報道がされた。ポスト小泉の一人である谷垣禎一は、NHKの番組でA級戦犯分祀を支持、靖国神社への参拝を当面控える旨の発言をした。7/19に衝撃のスクープを抜いたのは日経新聞だが、裏で動いていたのはやはり渡辺恒雄だったのだろうか。



b0087409_16493439.jpg新聞各紙を細かく見たわけではないが、7/19の朝刊で日経が抜いた後、同日の夕刊で各紙が一斉に記事を出していて、要するに各紙とも情報を掴んだままお蔵入りにさせ、公表を封印していた事情が透けて見える。新聞は握り潰していたとも言えるし、様子を窺っていたとも言える。赤澤史朗の論文が02年だから、新聞はせめて二年前か三年前に発表するべきだった。私が記事に接して思うところは少し複雑で、分祀論が前に出て総理大臣の靖国参拝が背後に退く政治を望むということはあるが、それ以上に昭和天皇と戦後日本の欺瞞性と虚構性という問題である。東京裁判で判決を受けて絞首刑に処されたA級戦犯七名は、明らかに昭和天皇の身代わりとなって死刑に服したのであり、法廷での陳述も昭和天皇に身の危険が及ばぬように防衛する姿勢で終始一貫していた。東京裁判というのは、そういう意味では最初から茶番で、戦争犯罪の最大の加害責任者が免責されていて、他ならぬ裁判長のウェッブ自身が、あまりに露骨な昭和天皇の免責芝居にシラけきっていたところがあった。

b0087409_16492427.jpgウェッブの少数意見には、「戦争をおこなうには、天皇の許可が必要であった。もし彼が戦争を望まなかったならば、その許可を差し控えるべきであった。(中略)天皇は、進言に基づいて行動するほかはなかったということは証拠と矛盾している。彼が進言に基づいて行動したとしても、それは彼がそうすることを適当と認めたからである。(中略)いずれにしても、大臣の進言に従って国際法上の犯罪を犯したことに対しては、立憲君主でも許されるものではない」とある(「東京裁判」(下」 朝日文庫 P.316)。昭和天皇の戦争責任を免責し、米軍の占領統治に利用することは、最初からマッカーサーの戦略であり、東京裁判は日本の侵略戦争の真実と責任を明らかにすると同時に、その真実と責任を隠蔽するためのものでもあった。マッカーサーの方針に従って裁判をオーガナイズしたのは主席検事のキーナンであり、東京裁判はマッカーサーとキーナンの政治であって、ウェッブ他の判事団はお飾りの人形に等しかった。

b0087409_16494337.jpgダワーの「敗北を抱きしめて」には、訴追されたA級戦犯たちが、巣鴨拘置所に投獄されたときから、何があっても昭和天皇の身だけは守るべく、獄中で緊密に連絡を取り合って、その一事のみを目的として連携した様子が描かれている。キーナンが昭和天皇の不訴追を公式に発表したとき、獄中の忠臣たちは人目も憚らず泣き、重光葵はこう歌に詠んだ。「大君は神にしあれば勝ち誇る敵の手出しもとどかざるはや」(岩波 下巻 P.288)。こういう事実を知れば、産経新聞や右翼でなくても、昭和天皇がA級戦犯の靖国神社への合祀に不快感を示していたという事実は、やはり意外で不可解に感じられるのではないか。「敗北を抱きしめて」の中にはもっと不気味な出来事が書かれていて、判決日が48年11月12日で、刑執行日が12月20日だが、その間の11月24日にキーナンが皇居を訪れて、昭和天皇と親しく食事しながら三時間の会話に及んだというのである。その日はマッカーサーが判決を承認した日でもあり、忠臣たちの死刑と天皇の免罪が最終的に確定された日でもあった(下巻 P.277)。

b0087409_16495436.jpgキーナンは離日の挨拶に行ったという話だが、その日の皇居と巣鴨の情景を想像すると、何とも滑稽で、そして滑稽以上に憤慨やるかたない気分になる。キーナンも昭和天皇もヘラヘラ笑いながら宮中会席膳に箸を伸ばしていたのだろうか。ここに日本の戦後がある。ダワーの「敗北を抱きしめて」の面白いところは、昭和天皇を利用して日本を統治しようしたGHQが、実は昭和天皇の側にその意図を見抜かれて、逆にすっかり昭和天皇に取り込まれている真実を暴いているところにある。昭和天皇の方がGHQを飼い馴らしている。それは例えばマッカーサーと昭和天皇が会見して写真を撮った件を分析している部分などにもよく示されている(下巻 P.29)。今回のメモを読むと、昭和天皇の内面において戦前と戦後がシームレスに繋がっていて、断絶が一切なく、死ぬまで大日本帝国の帝王の気分でいたことがよく分かるが、ダワーを読むとまさに「むべなるかな」の感慨を深くする。戦後の日本国民は、昭和天皇の方がマッカーサーに命乞いして平身低頭にスリ寄ったという観念を持つが、実際には必ずしもそうではなかった。

ヘラヘラとスリ寄ったのは、米国の側も同じだったのではないか。昭和天皇を平和主義者に仕立て上げる歴史的プロジェクト。それを加藤紘一と菅直人がまた繰り返しやっている。それにしても昭和天皇はキーナンと何を話していたのだろう。

b0087409_1650816.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-07-24 23:30 | 戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
<< 被災地への新自由主義のメッセー... 昔のIndexに戻る イデオロギー蔓延の時代 - 佐... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会