本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















中東軍事法廷の開廷を - シオニストの戦争犯罪者に死刑判決を
b0087409_13552712.jpgカナの空爆の犠牲になった37人の子どものうち、15人は障害を持つ子どもたちだった。建物は子どもたちと家族が避難所として身を潜めていた場所だった。イスラエルは誤爆だったと釈明しているが、実際には夜間に精密誘導弾が使用されている。攻撃前の昼間に建物の前で30人の子どもたちが遊んでいて、その頭上を無人偵察機が飛行していたという情報もある。レバノンのシニオラ首相は「カナ空爆は意図的に民間人を狙ったものだ」と言明、イスラエルの誤爆の主張を認めていない。カナの虐殺の直後に48時間の空爆停止があり、すなわち南部レバノンの住民を北部に脱出させるべくイスラエルが時間を与えた作戦の一環ではないかと見ることができる。退去しなければ無制限に殺戮するぞと住民に脅しをかけ、見せしめとして虐殺を敢行したのだろう。南部一帯を無人化しようとしたのである。エジプトとサウジは宣戦布告せよ。いつか必ず中東軍事法廷を開き、オルメルトとペレツとハルツに「人道に対する罪」を問い、虐殺の責任を取らせなくてはいけない。



b0087409_13501026.jpg
b0087409_14482272.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-08-01 23:30 | イスラエルのガザ侵攻
<< 戦争とプロパガンダ - サイー... 昔のIndexに戻る E・H・ノーマンを想う - 近... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会