本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















小沢一郎の政権交代戦略 - 参院選後の政界再編で民公連立へ
b0087409_17414365.jpg先週末の「ウェークアップぷらす」に出演した小沢一郎が、来夏の参院選について戦略と展望を語っていた。最近の小沢一郎はよくテレビに出演するし、新聞にも積極的に情報を提供している。露出が多い。これは野党の戦術としては正解で、それをしなければ、この時期の記者と読者の関心は自民党総裁選の話題で塗り潰され、民主党の存在や動向が埋没させられてしまう。存在感の希薄化は支持率と期待度に影響する。この夏、小沢民主党は常にメディアにニュースとメッセージを発信し、安倍自民党の政策と路線を批判する対決姿勢を演出し、国民に政権交代の意義を訴え続けなければならない。番組の中で小沢一郎は、参院選で「野党が過半数をとる可能性が高い」と指摘、「参院選ですぐ政権というわけではないが、自公が過半数を割れば連立政権が立ちゆかなくなる。これを政権交代の第一歩にしたい」と発言した。小沢一郎は「共産党と連立政権を組む意思はないが、選挙や国会で野党が纏まって協力する事はある」とも言っていた。



b0087409_1742281.jpg話を聞きながら言外のメッセージとして確信したのは、要するに参院選で自公を過半数割れに追い込んだ後、公明党を政権から離脱させて、民公同盟の政界再編を仕掛けるという戦略意図だった。参院で自公が過半数割れを起こした場合、法案審議は立ち往生し、議場は紛糾と混乱を極める事態となる。個別法案の採決や修正をめぐって自公民の三党が複雑な合意形成の折衝に入らざるを得ず、その際は公明党の役割がきわめて大きくなる。重要法案の審議において公明党と民主党が考え方が接近し、逆に公明党と自民党の考え方が乖離する場合が多々出る。それなら一気に政権の組み換えを図ろうということで小沢一郎流の政界再編に突き進む。小沢一郎と創価学会は旧友の関係であり、互いの事情や性格をよく知り合った仲でもある。民主党の代表になったとき、小沢一郎は真っ先に信濃町に挨拶に行った。小沢一郎の計略には間違いなく民公同盟がある。それはすなわち旧新進党の復活であり、公明党にも決して悪い話ではない。

b0087409_17421981.jpg法案審議で揺さぶって公明党を自民党から引き離す。小沢一郎と創価学会はこれを阿吽の呼吸で巧妙に運ぶだろう。新しく安倍政権の中軸になった再チャレンジ議連の若い新自由主義議員たちは公明党とのパイプが全くない。創価学会と交渉できる資質や条件がない。公明党が民主党と組む決断をして下野した場合、自動的に衆議院は解散される。何故なら、参議院で否決された法案は衆議院の再議決において三分の二以上の賛成をもってしか可決されないからである。これが小沢一郎の戦略だ。そして衆院選挙で創価学会の協力を逆に得て堂々第一党になる。民公連立政権を作る。鳩山由紀夫を総理大臣に据えて自分はキングメーカーに回るだろう。恐らく鳩山由紀夫と菅直人をかわりばんこに首相に据えて裏で操る。政策と人事は小沢一郎と公明党で決める。そういう政略と構想を腹に持っているのに違いない。そしてこの目標は実現性が決して低いわけではない。参院選で野党が過半数を取れば、自ずから政局はそういう方向へ流れて行くはずだ。

b0087409_1742379.jpg小沢一郎は参院選で特に一人区での勝利に執念を燃やしており、29ある一人区で15議席以上取ると豪語している。そして代表に就任した直後から「選挙は僕がやる」と言い切っていて、候補者選びから選挙対策の一切を他の幹部には任せず自分が統括すると宣告していた。その小沢一郎の選挙への執念の表明とも感じられるが、従来の民主党のイメージからすれば相当に左派あるいは市民派にバランスした候補者がセレクトされていて、例えば東京選挙区で候補者に公認内定された生活者ネットの大河原雅子がそうである。女性にフォーカスして、左側から幅広く票を取れる人選を看板にするのだろう。これは格差問題に対して民主党が従来の新自由主義(改革)路線を修正した方向性を国民に提示する意味あいもある。いずれにしても、民主党の選挙準備は一見して他のどの政党よりも早く、小沢一郎の参院選に賭ける意気込みをあらわしている。無論、それでは自民党が何もしていないかと言えば決してそうではなく、単に現職候補が多いだけだ。

b0087409_17425581.jpg自民党は必ず手を打ってくる。戦略は土壇場になって初めてベールを脱ぐ。自民党の正規軍主力はマスコミであり、陣形と戦術は劇場選挙であり、と同時に今回はネットを使ってくる。その分析はいずれする。今回、言わなくてはならないことは、護憲派の左翼政党側が何の準備もしていないことである。恐らく社民党は本格的に民主党との合併に踏み切るだろう。単独で選挙をするようには見えない。議員の生き残り策として民主党への合併を模索している気配が色濃い。共産党は何もしていない。来年もまた「たしかな野党」「消費税増税反対」「憲法改正反対」のスローガンを連呼し、一桁議席を守るべく選挙戦を戦うのだろう。毎度のルーティンワークが繰り返される。左翼政党二党の現状を見、そして民主党の選挙準備を見るとき、次の参院選では左派票多数が民主党に流れ込む展開が予想される。前原誠司が代表であればそのような可能性はなかっただろうが、現在のトロイカ体制であれば、共産党に期待できない票の多くが民主党に流れて不思議はない。

私の主張は従来から同じで、早急に日本の政治に第三極を作り、創価学会と乾坤一擲の護憲同盟を組み、院内で天下三分の計を実現すべしというものである。その考え方に変わりはない。が、一年間、ネットでその可能性を模索したが、実現性については現時点でほぼ絶望的な状況にある。残念ながらロマンを現実化できる有力な人物がいない。自民党の戦略については稿を改めて述べるが、基本的には憲法改正を参院選の争点にして民主党を二つに割ってくるだろう。それが最も勝利の可能性が高い選挙戦略だから。

b0087409_17431282.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-08-07 23:30 | 民主党 ・ 2007年参院選
<< 一年前の衆議院解散 - 戸倉多... 昔のIndexに戻る 広島平和記念式典の悪夢 - 核... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会