本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















自民党新体制と小沢民主党の国会対策 -国民投票法案の成立
b0087409_12101768.jpg安倍晋三が07年度の税制改正で6千億円の法人税減税を発表した。企業が利益から控除できる減価償却限度額を現行の設備購入価格95%から100%に拡大する税制変更によって実現する仕組だが、企業にとってはまさに天佑で、経営上の恩恵は計り知れないものがある。一般会計の中の6千億円は巨額で、国債を発行して財源にするのでなければ、社会保障や文教予算の枠から相当金額を削り取って来なければならない。恐るべき新自由主義政策の発表であり、それを新内閣発足の支持率が出る前に公表して憚らない安倍晋三の自信に驚愕するが、こうした政策に対して企業に対するバラマキだと批判する声はマスコミからは上がらない。マスコミがバラマキだと批判するのは民主党の「農家所得補償制度」に対してである。企業に対する特別手当はバラマキだとは言わず、弱者である農家に対する支援給付はバラマキだと言う。国民もすっかり新自由主義のイデオロギーに洗脳された。それにしても、自民党は米国の共和党や英国の保守党と同じになった。



b0087409_12103450.jpg党三役や新閣僚の顔ぶれを予想する報道を聞くと気が滅入るが、基本的に小泉政権の発足以来、この国の政権中枢にいるメンバーというのは変わっていない。同じ人間がいつも出てくる。森政権のときからそうで、中川秀直や中川昭一はずっと政権の中にいる。経済思想は親米新自由主義、政治思想は親米右翼国家主義。国民を不幸にする格差拡大の新軍国主義路線が続いている。竹中平蔵が権力から離れて、少し変化があるかと思ったが、その矢先の6千億円法人税減税政策だった。唖然とさせられる。竹中平蔵でもここまで踏み切れたかどうか。財務省の中で抵抗した人間はいなかったのだろうか。6千億円の一部は確かにIT投資に回るだろうが、ほとんどは内部留保の積み増しになるだけで、経済の循環には回らない。モノの投資ではなく、M&Aの資金になる。買収を防止するための資金対策になり、買収を仕掛けるための資金対策になる。王子製紙と日本製紙の騒動やアオキとコナカとフタタの一件を見ていると、好景気で蓄積された資本がどう回転機能しているかがよくわかる。

b0087409_12105013.jpg産業の循環の方向には回らない。設備投資や技術開発や人材育成による経営事業拡大の方向には行かず、M&Aの防衛や攻勢のために膨大な資本が使われている。それを経営の中にインプリメントせざるを得なくなっている。雇用を正規から非正規に変え、給与や厚生年金の負担を削減して捻出した利益を、企業はM&A対策の自己資本に繰り入れているのである。日本企業の企業会計の論理と構造が変わっている。従来のような薄い利益で事業を維持拡大する方式ではなくなった。経済システムの性格がそのように変わり、そのシステムを前提にした政権と政府ができていて、世論に支持されて磐石の体制になっている。昨日の「サンデープロジェクト」では、小沢一郎がまた出演していたが、前と同じく「官僚から権限と予算を奪って地方に回す」話をしていた。同じ話を四度ほど聞いた。金子勝が「霞ヶ関支配打破ではなくて格差是正を前面に出せ」と私と同じ事を言っていたが、小沢一郎は相変わらず「自民党は官僚主導だから悪い」を繰り返していた。霞ヶ関の官僚を悪者にして自民党批判する手法。

b0087409_12111017.jpg説得力がない。響いて来ない。しかしそれ以上によくなかったのは臨時国会対策ので、聞きながら唖然としてしまった。田原総一朗が今国会で与野党の対決が予想される五本の重要法案(①教育基本法改正法案、②テロ対策特措法延長、③共謀罪創設、④防衛庁「省」昇格法案、⑤国民投票法案)を示して、この中で自民党と妥協できるのはどれかと聞いたところ、防衛庁「省」昇格法案と国民投票法案の二本については自民党と合意できると言ったのである。21日(木)の報道では、民主、共産、社民、国新の野党四党が国対委員長会談を行って、教育基本法政府法案、共謀罪創設の組織犯罪処罰法改正案と並んで、憲法改正手続きを定める国民投票法の与党案についても、野党が結束して反対する方針を確認したばかりである。小沢一郎はこの国体委員長会談での野党合意を三日後のテレビであっさり反故にした。この国対委員長会談は何だったのだろう。小沢一郎の言によれば、「これは手続法だから別に合意したっていい」という説明だったが、小沢一郎は自分が言っている言葉の意味がわかっていたのだろうか。

b0087409_12113212.jpgそれに少し見ただけでも、枝野幸男が仕切って進めている民主党の国民投票法案と自民党の国民投票法案は中身がかなり違う。二つを足して二で割るのは至難の業で、民主党の国民投票法案のハードルそのものが、言わば民主党の憲法改正への「牛歩戦術」と言うか、党内調整のための時間稼ぎを担保する物理的障壁の趣があった。まさか小沢一郎は今国会で国民投票法を成立させるつもりなのだろうか。この発言は護憲派には相当にショッキングなニュースのはずで、10月の補選に影響が出るのは間違いないと思われる。民主党を勝たせるべく投票を考えていた護憲派は二の足を踏むだろう。小沢一郎は保守票に手を突っ込むべく配慮をしたのかも知れないが、改憲サスペンデッドで野党共闘を考えていた私にとっては、この発言は裏切りである。小沢一郎は何を考えているのか分からない。ひょっとしたら、安倍晋三の改憲戦略に先手を打って、参院選で憲法改正が争点になってもいいように、その争点で選挙しても勝てるように、改憲の争点化を封じるために、予め民主党の党内を改憲で纏める腹かも知れない。そうなると改憲は避けられなくなる。

参院選前に自民党と民主党で改憲の合意ができるということになる。その場合は、民主党は選挙に勝つかも知れないが、自民党同様、改憲を選挙公約(政権公約)に据えたわけだから、政権を取ったら改憲(九条改正)を断行しなければならなくなる。安倍晋三の代わりに小沢一郎が改憲の執刀をする。

b0087409_12115450.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2006-09-25 23:30 | 民主党 ・ 2007年参院選
<< 松岡利勝と尾身幸次の閣僚記者会... 昔のIndexに戻る 東京地裁判決と教育基本法改正 ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会