本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















田勢康弘が吹かせた風 - 新聞組の勝利と電通組の敗北
b0087409_1213969.jpg現在の日本の擬似的二大政党制の下では、マスコミが風を吹かせた方が国政選挙に勝利する。その勝利は常に一方の側の圧勝の結果となり、決して僅差の接戦劇にはならない。マスコミが吹かす風は、投票日の一ヶ月前頃から始まり、次第に風速が強まり、善玉と悪玉の配役を固め、公示日から投票日にかけて暴風雨となって、その選挙を完全に「お祭り選挙」に変えてしまう。二年前の郵政民営化選挙がそうだったし、今回の年金未記録選挙も同じ現象の再現となった。そして最近の選挙では所謂アナウンス効果が機能しない。アナウンス効果が機能するためには、マスコミの情勢報道に対して反発して動く有力な組織体が全国津々浦々に必要だが、そうした逆バネの物理的組織力が、民主党には最初から存在せず、自民党もこの十年間にボロボロに壊されてしまった。



b0087409_12134466.jpg自民党候補者を支える地域の後援会組織、それは候補者の当選によって齎される経済的果実(パイ)を分け合う利害共同体 - 農協、郵便局、医師会、土建業者などによって構成される - の存在だが、従来は強力な集票マシンとして実力を発揮してきた。それらが十年間の新自由主義の改革政策によって根底から破壊され、無力化され、マスコミが上からシャワーする政治報道に対して下から有効にハネ返すべき抵抗力を失ってしまった。現在の地域農村の有権者の政治意識や投票行動は大都市の住民のそれと同じであり、彼らの投票先を左右する最大の情報因子はマスコミ(特にテレビ)の選挙報道である。中間媒介項がない。マスコミが「今回はこちらの方が多数に支持されている」と教える政党、マスコミが善玉に仕立て、マスコミが「真の改革政党」に演出した方に無党派大衆は投票する。

b0087409_12142168.jpg今回、風を吹かせたのは日経と読売である。風を吹かせた仕掛人は田勢康弘。選挙の序盤戦から報道ステーションなどの報道番組に張り付き、不祥事(松岡自殺・久間暴言・赤城疑惑)が起きるたびに安倍政権の無能と無策を辛辣に批判コメントして、有権者(視聴者)の自民党離れを加速させて行った。田勢康弘がコメントを発する毎に安倍内閣の支持率が下がり、下がった支持率を新聞がすかさず速報し、さらにそれを受けて田勢康弘が安倍批判の舌鋒を鋭くするスパイラルが展開した。田原総一朗と岸井成格が牛耳る「改革ファシズム」のテレビ世界に風穴をあけ、世論を民主党支持へ民主党支持へと誘導したのは田勢康弘だった。田勢康弘のバックには新聞組(朝日新聞・読売新聞・日経新聞)がついていた。今回は日経新聞と読売新聞が最初から最後まで(安倍叩きで論説と世論数値を一貫させて)ブレなかった。

b0087409_12145361.jpg日経新聞と読売新聞が野党に風を吹かせたら自民党は勝てない。今回のマスコミの主導権は新聞組が握った。田勢康弘(日経)と渡辺恒雄(読売)のタッグである。すなわち今回の政治の本当に戦いは、新聞組(田勢・渡辺)と電通組(岸井・田原)との暗闘でもあった。新聞組が勝った。無能で無策で鈍感だったのは安倍晋三以上に電通組(テレビ組)の面々(田原・岸井・三宅・みの)だった。新聞組は一年前から安倍政権を参院選で敗北に追い込む戦略を立てていた。布石は、あの日経新聞がスッパ抜いた昭和天皇のA級戦犯批判のスクープから始まっていた。そしてブログ読者は渡辺恒雄の小泉批判(靖国参拝批判)を思い出してもらいたい。ウィニングストラテジの準備はそこから始まっていた。そして一年間の長丁場の選挙戦の終盤、野球で言えば8回の裏に勝負を決する必殺兵器として戦場に投入されたのが年金未記録問題だった。

b0087409_12164270.jpg田原総一朗と岸井成格が泣きべそをかくように陰謀論を喚いていたが、私は時機を捉えた年金未記録問題の争点急浮上を決して偶然とは考えていない。プログラムされた政治だ。アントニオ猪木のオクトパスホールド、カールゴッチのジャーマンスープレックス、ドリーファンクジュニアのスピニングトーホールド。民主党の十八番が決まったらそこで戦いはゲームオーバーとなる。新聞組はこの戦略兵器を周到に隠していた。そして最後に一撃で決めた。田勢康弘と渡辺恒雄のバックには恐らく奥田碩がいる。今度の民主党大勝の政治を演出したのは、三人挙げるとすれば、田勢康弘と渡辺恒雄と奥田碩で、その政治の目的はズバリ中国である。中国貿易と中国投資の経済利害、日本の国益の要である中国との関係の正常化のための政治。だから、今度の政治が要求しているメッセージは、靖国参拝(A級合祀)を止めて対中関係を正常化することである。

勝利した新聞組と財界左派は新政権(自民党のポスト安倍)に靖国参拝中止あるいはA級戦犯分祀を要求するだろう。それを新政権がのまなければ、総選挙で本当に政権交代まで行き着くことになる。これが今度の参院選の裏であり、簡単に総括すれば新聞組の電通組に対する勝利である。日本の民主主義が安倍反動政治に勝利した政治などでは決してない。選挙を思惑どおりに運んだ日経新聞の本日(7/31)の社説をご覧いただきたい。

b0087409_16265139.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2007-07-31 23:30 | 民主党 ・ 2007年参院選
<< 阿久悠を悼む(1) - カーネ... 昔のIndexに戻る A LOT OF LOT OF... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会