本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















三社共同ポータルとMSN産経ニュース - ネットの報道機関
b0087409_1494240.jpg日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞の大手新聞3社がネット事業で提携、来年初めにも共同のニュースサイト設営する。このニュースは9/18刊の週刊ダイヤモンドで最初にリークされ、10/1の三社共同記者会見で正式にプレスリリースされた。この発表に先がけて、産経新聞がマイクロソフトと組んで10/1から「MSN産経ニュース」を共同運営する発表が9/25になされた。新聞とネットをめぐって報道産業のビジネスモデルが大きく変動しつつあり、誰もがこの動きに関心を寄せざるを得ない。三社共同のポータルサイトの設営については、いろいろな観測が示されているが、その中で動機として強く感じるのはYAHOOに対する対抗である。現在、この三社の中でYAHOOにニュースを配信しているのは読売だけで、朝日と日経は流していない。10/1の記者会見の中でも、読売新聞に対してYAHOOへの配信をやめるのかという質問が出された。



b0087409_1495953.jpgニュースを新聞で読むのではなく、ネットで読む人々が増えている。報道全体の中でのネットの比重、特にYAHOOの役割が決定的に大きくなっている。今、どのような事件が起きているかを、新聞の紙面を読んで知るのではなく、YAHOOのトップ画面で見知る人々が増えている。ネットのポータルで報道にアクセスする人々が増えているという現実は、伝統的な報道産業の大手事業者である新聞社にとっては大きな危機であり、逆に、ネットから新規参入を果たそうとする報道ベンチャーにとってはチャンスであろう。数年前からネットを媒体にした新規のニュース配信事業者、いわゆるニュースポータルが何本か立ち上がり、現在もある程度の存在感を持って運営されている。ネット利用者の一人として、ニュースポータルの動向に期待と関心を持って追っているが、管見のかぎりでは、YAHOO以外のニュースポータルで魅力的に感じるものがない。

b0087409_14101351.jpgザッツフィールだが、YAHOOのニュースサイト、特にトップページのトピックスに表示される7点のヘッドラインは、他のポータルに較べて明らかに速報性の面で優れており、また、そのとき大多数の市民が関心を抱いている情報を的確にピックアップしていると言える。逆に言うと、他のニュースポータル、例えばエキサイトとかライブドアは、デリバリーのスピードが遅く、遅いだけでなく、ニュースのアソートメントに妙なバイアスがかかっている印象がある。バイアスがかかっていると言うより、編集を担当している人間が報道者として総体的にニュースへの関心が狭く、低く、感性が鈍く、アマチュア的でセンスが悪い印象を拭えない。もう少し言うと、YAHOO以外のニュースポータルは、YAHOOに対して挑戦者として自己を位置づけていると言うよりも、戦略的にマスの報道市場を取りに行くのではなく、YAHOOの周辺で、ニッチな情報市場を捕捉しようとしている感がしてならない。

b0087409_14102729.jpg芸能情報やIT情報、コネタ系に執着しすぎている点も気になる。大型のジャーナリストの存在感がない。そういう不満感があり、今回の大手三社のニュースポータルの動きには個人的には大いに期待をしたい。ブログ左翼は「大新聞を読むな」と大声で連呼しているが、私は全く別の感覚を持っていて、逆にブログばかり読んでいると確実に頭が痴呆になる。ブログを読み通した後で朝日新聞を一面から読むと、情報媒体として中身が充実していることを率直に感じる。その政治的スタンスや構造改革に対する誤った視角や誘導は別にして、新聞上にある記事の視界の広さや情報の多さにあらためて驚かされるし、情報の分厚さや中身の濃さでブログとは比較にならないように感じられる。新聞を読まずにブログだけ読めと言うのは、まさに文化大革命の思想と同じで、すなわちオーウェル的世界そのもので、前頭葉を薄くして人間をロボットにする悪質な扇動と同じではないかと私は思う。

b0087409_14104456.jpgYAHOOにニュースを配信している主力は、現在は毎日と産経と時事である。基本的にこれだけでも十分に報道はカバーできる。だが、情勢の変動と事業者の合従連衡の中で、産経が離れ、毎日が離れ、YAHOOのニュース供給源が細く薄くなる可能性は今後十分に考えられる。そのときYAHOOはどうするのか。恐らくそうした展開も孫正義は想定の範囲として織り込んでいるのだろうけれど、私の希望とすれば、YAHOO自身が有能な記者を発掘、育成し、新聞社やテレビ局を凌駕する大型の報道機関になることを希望する。ライブドアがPJの事業を始めたとき、(擬似的ながら)少しそうした雰囲気がネットの巷に漂った。が、PJの中で才能のある人間が登場せず、ライブドアのポータルそのものが堀江貴文の個人宣伝とライブドア社の株価操作の道具の性格を最初から持っていて、ニュースサイトも一般市民の支持や期待を集める「報道機関」の形態にはならなかった。YAHOOのライバルにもなれなかった。

さて、「MSN産経ニュース」の方だが、一見してコンセプトは悪くない。と言うより、非常にいい。新聞より早くニュースを出すとか、紙面(紙幅)の都合上新聞には出せていない情報 (例えば公判記録の全文) を漏れなく出すなどの姿勢は画期的で素晴らしい。ネットを片手間として考えず、本格的に大きな事業を立ち上げようとする意気込みを感じる。新しいチャレンジで世の中を変えようとしている。大手新聞社の競合とテクノロジーの進展の中で生き残りを賭けて挑戦を試みる企業の姿勢は評価できる。今後の動きを注目したい。

b0087409_14105834.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2007-10-04 23:30 | ネット市民社会
<< クラウンのコマーシャルが素晴ら... 昔のIndexに戻る 読みたい本がない秋に - ユン... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会