本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















民主党は小沢一郎への慰留をやめよ - 新代表は長妻昭に
b0087409_1524268.jpg私たちは民主党の議員でも党員でも支援者でもない。民主党の関係者であれば、例えば、次の選挙で民主党議員になる立場の人間であれば、現在の民主党の執行部や役員会の方針を支持し、その方向で世論を説得しようとするだろう。小沢一郎慰留の正当性を言い、小沢一郎が党代表でなければ次の衆院選で勝てないと訴え、小沢一郎の錯誤と失態を、本人ではなく誰かのせいにして、懸命に弁護するだろう。昨夜の山岡賢次のように、見苦しい詭弁を駆使して、公衆に向かって小沢一郎擁護の論陣を張るだろう。立場としてそれが当然だ。だけれども、私たちは民主党とは何の関係もない市民である。民主党とは何の利害も縁由もないはずの人間たちが、山岡賢次と同じかそれ以上に荒唐無稽で根拠不明な陰謀論の類を並べたて、小沢一郎の代理人になって口角泡を飛ばしているのは何故だろうか。



b0087409_12201085.jpg天木直人は、昨日(11/5)のブログ記事の中で、連立協議と小沢辞任の失態を何かの陰謀論で弁解する者たちの不毛と非常識を痛罵し、「小沢民主党の信奉者たちは『裏切られた』とはっきりと認めるべきだ」と真っ向から直言している。これこそ正鵠を射た議論と言うべきだろう。陰謀と言うのなら、あれだけ選挙で政権交代と言いながら、その裏で自民党と手を握る密室謀議に奔った行為こそ、国民を騙し欺く陰謀ではないか。昨夜の「報道ステーション」で、加藤千洋は、この騒動を落胆の思いで見ている視聴者を代弁して、「結局、得をしたのは福田自民、裏切られたのは国民」と言った。小沢一郎が代表に戻って来ても、国民はその裏切りと無責任を許しはしないだろう。昨日の記事で紹介したように、地方紙も含めて、あれだけの新聞が揃って怒りの社説の筆を揮ったのは、9/12の安倍辞任以来である。

b0087409_12202515.jpg地方紙は大新聞とは違う。格差と経済苦に苦しむ地方の声を地方紙は代弁している。彼らこそ、まさに先の参院選で自民党ではなく民主党に支持を促す世論を盛り上げた中心的な存在だった。裏切られた憤怒と痛恨は人一倍大きなものがあるだろう。今日も幾つかのことを言いたい。まず第一に民主党の執行部と役員会だが、裏切られた国民の思いを放ったらかして、民意そっちのけでペコペコと小沢一郎詣でに終始するとは何事なのか。ヒキコの小沢一郎は、国民の前には顔も出せない臆病者のくせに、ペコペコ詣での菅直人や鳩山由紀夫には、「オレが代表に復帰する党内環境を整えろ」などと傲岸な殿様指令を発している。民主党幹部は、本当は国民に向かってこの不始末を侘び、襟を正して出直す姿勢を見せなくてはいけないのに、国民の方には尻を向けて、バカ殿様の小沢一郎のご機嫌取りに夢中になっている。

b0087409_1221485.jpg民主党は「選挙に勝つために小沢代表に戻ってもらわねば」と言って、ヒキコのバカ殿にペコペコ詣でするのだが、選挙で票を入れるのは、それをテレビで見せつけられている国民なのである。バカ殿に裏切られて憤っている国民なのである。民主党はそのことを忘れてやしないか。バカ殿詣でが続けば続くほど、裏切られた国民の憤懣は昂じ、民主党への期待や信頼も下がる一方なのだが、それでも幹部たちは、バカ殿がご機嫌を直して代表に戻ることが選挙の勝利への道だと言い続けている。言いたいことの第二だが、果たしてその小沢一郎が代表に戻ってきて、そして総選挙の陣頭指揮に立ったとき、国民が小沢一郎の「政権交代」を信用して一票入れるかどうかという問題である。その前に、選挙で国民がどう判断するかの前に、公の場に現れた小沢一郎にマスコミが殺到して、徹底的に辛辣な質問を浴びせるに違いない。

b0087409_12212870.jpg小沢一郎は単に辞任表明しただけでなく、その場でマスコミに喧嘩を売っている。地方紙の社説が憤って筆誅を加えたのも、自分の裏切りや公約違反は真摯に釈明せず棚に上げて、自己の政治的失敗の責任をマスコミに押し被せて、責任転嫁して尻をまくったからである。新聞の側は民意を受けている。小沢一郎に裏切られて怒っている国民の民意をバックにしている。国民の代弁者として小沢一郎を徹底追及する正当な立場を確保している。記者たちは怯むことなく小沢一郎に立ち向かい、国民に対する裏切り行為を釈明させようとするだろう。新聞が簡単に矛を収めて小沢代表体制を静観するとは思えない。新聞にも面子がある。そして小沢一郎の人格はと言えば、やはり幼稚で未熟な部分が濃厚であり、マスコミの厳しい批判や追及を捌き凌げる柔軟性や受容性を持っているとは思えない。逆ギレは再び大噴火を起こす可能性がある。

b0087409_12221498.jpg第三に言いたいことだが、辞任会見の質疑応答の一言一句を思い出していただきたい。記者が「協議での連立はどのようなイメージだったのか」と質問したのに対して、小沢一郎は「どういうって、そりゃ普通の連立でしょ。あなたがたの通常のイメージと同じだよ」と答えた。この回答は、すなわち、読売で報道されている例の「自民10、民主6」の閣僚配分の報道と符合する。連立の形態はパーシャル(部分政策連立)ではなく閣僚を入れる本格的なもの(大連立)だった。であるとすれば、ここからが重要だが、読者は想像して欲しい。自民党と民主党は今の自民党と公明党の関係と同じような連立与党になるのである。つまり、国会の中で野党は共産党と社民党と国民新党の3党だけになるのだ。端数政党3党だけが野党で、民主党は堂々たる政府与党の立場なのである。法案審議も、質問も、採決も、この与野党でやるのだ。その図をよく想像して欲しい。

b0087409_12214994.jpg党首討論はあっても意味がなくなる。おそらく廃止になるだろう。政府提出の法案は全て民主党がオーソライズした法案であり、与党で内部調整できれば、国会での審議は形式だけのものになる。国会での議論はなくなり、マスコミも国民も注目しなくなる。国会は飾り物になる。選挙はどうか。小沢一郎は、「衆院選挙になれば自民党と戦って政権交代を実現する」などと会見の席で言っていたが、それが詭弁だということは誰が考えても分かる。自民党と連立与党を組む公明党は、小選挙区で自民党と競合する候補は立てていない。調整して自公どちらかを出すのである。連立与党とはそういうことだ。全国300の小選挙区は、民主党と自民党と公明党の3党で区分けして候補者を調整する。すなわち、全小選挙区が無風区になる。選挙前の与党間調整で300人の衆議院議員が決まる。選挙は形だけ。これは、現在、全国の首長選挙で行われている政治実態と同じだ。

b0087409_12224162.jpg30年ほど続いている地方自治体のオール与党体制と同じ。だから国民もすぐに慣れる。比例で自民と民主が競り合って与党第一党が決まる。総理大臣をどちらの党から出すかが決まる。小沢一郎が言っていた「選挙で戦って自民党に勝つ」の意味はここにある。そういう選挙になる。この大連立騒動の中で、陰謀論の床屋政談と喧しい「小沢さんやめないで」コールの中で、国民の中のどれだけがその真実を正しく認識できているだろう。最後に、第四の言いたいことだが、本当に小沢一郎以外に選挙に勝てる代表候補は民主党の中にいないのか。巷間では、小沢一郎がどうしても代表を蹴った場合、菅直人か岡田克也が代表になると言われている。それでは選挙戦の大将として力量不足だから小沢一郎に土下座という話になっている。本当にそうなのか。それならブログが新代表を提案しよう。長妻昭を新代表にすればいい。長妻昭を選挙のシンボルに据えて戦えばいい。

民主党も新しいトップを立てていい頃だ。年金のカリスマ。長妻昭は本当に素晴らしい政治家で、国民に抜群の人気がある。人柄は誠実で清廉、頭脳は明晰で優秀。正義感と責任感は誰より強い。でしゃばらず、人の話によく耳を傾ける。ルックスもいい。二世ではなくサラリーマン出身の庶民派。民主党の新代表としてこれ以上の人物はいない。長妻昭代表を菅直人代表代行と岡田克也幹事長が支えればいい。それが最高の出直し体制ではないか。民主党は長妻昭を代表にせよ。長妻新体制で総選挙に勝て。


【天木直人のブログ 2007年11月05日】

この期に及んでも小沢代表を引きとどめたいと考えている者が民主党の内外にいる。そしてそのような者の中には、小沢辞任劇の背景には自民党やメディア、そして米国などの陰謀があるなどと言ったりする。小沢自身も辞任の記者会見でそういう事を口走っていた。情けないと思う。とんだお門違いだ。世の中には陰謀はつきものだろうが、かりにそうであっても自分に隙がなければどのような陰謀にも抗する事ができるはずだ。小沢民主党の信奉者たちは「裏切られた」とはっきりと認めるべきだ。
b0087409_13284755.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-06 23:30 | 大連立協議と小沢辞任
<< 小沢一郎のビヘイビア・モデル ... 昔のIndexに戻る 小沢一郎の策動と詭弁と - 朝... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会