本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















代表を替える以外に民主党の信頼回復と政権交代の道はない
b0087409_12242667.jpg今回の連立騒動で「民主党の結束が固まった」とか、「党内が引き締められた」などと言う声がいまだに一部にある。何を根拠にそのような見方が出て来るのだろう。報道の取材を受けていた民主党の若手議員たちは、みな例外なく苦渋の表情を浮かべていた。党を動揺させる動きをしてはいけないから組織の決定には従う。しかし今回の小沢代表と民主党の動きは国民に対して説明のしようがない。所属議員の立場と国民代表の立場、その二つの立場の葛藤の中で困惑している様子がよく見えた。彼らは週末は地元に帰って支援者の前で説明をしなくてはいけない。民主党への支持を訴えなくてはいけない。その席で地元民たちの声を聞き、質問に答えなくてはいけない。きっと、「代表を替えないと選挙を戦えないよ」と言われるだろう。彼らは立往生して、弁解にならない弁解を言うしかないだろう。気の毒だ。



b0087409_12245230.jpg国民の前で政権交代を訴えながら、選挙に勝った途端、自民党と裏取引をして大連立に動く。そういう野党党首の裏切り行為をどう判断するのか。そこに目を向けず、渡辺恒雄の陰謀がどうだの、自民党の方が悪いだの言っても、それは問題のスリカエだ。国民を騙して弄んだ事実はどう正当化できるのか。今回、民主党の執行部は小沢一郎の大罪を許して責任を免じた。それも単に免責したのでなく、幹部総がかりで土下座する痴態を演じて放免した。若手議員たちも、全員が小沢一郎を宥める芝居を演ずるために議員集会に呼び出された。ヒキコの殿様が「皆がそこまで言うなら代表復帰してやるか」と言ったと伝えられたとき、鳩山由紀夫はテレビカメラの前で、「類稀なる資質をお持ちの小沢代表にお戻りいただくのだから、党の方も代表がこれまで以上にお力を発揮できる環境を整えないといけない」と耳を疑う発言をした。

b0087409_1225449.jpgまるで朝鮮労働党と金正日ではないか。どこが違うのか。金正日がやっていること、朝鮮労働党と北朝鮮国民にやらせていることは、小沢一郎がやっていることと民主党の連中にやらせていることと全く同じだ。小沢一郎は安倍晋三よりずっと金正日に近い。バカ殿礼賛の忠誠強制。愚昧な独裁者への帰依と奉仕。それをテレビで見させられているのは北朝鮮の国民じゃない。日本の国民だ。小沢一郎がやったことと同じことを菅直人や鳩山由紀夫がやっていたら、間違いなく役員辞職に追い込まれ、それだけでは済まずに責任は除籍(離党)か議員辞職にまで及んでいただろう。国民の信頼を回復するためには、当然、そこまでの対処が必要とされたはずだ。なぜか小沢一郎だけは免責される。金正日のように「将軍様」でふるまえる。党を存亡の危機に導いた大罪を犯しても、誰からも咎められず、非難されず、逆に党の方が詫びて謝ってご機嫌取りをする。

b0087409_122515100.jpg自分がブックマークしているブログだけを読んで、それが日本全体の世論だと錯覚している人も多いだろう。地方紙が小沢一郎の代表復帰と民主党の対応をどう評価しているか、社説をよく読んで考えてもらいたい。小沢一郎を擁護している新聞は一紙もない。民主党の対応に同情する記者も一人もいない。小沢一郎を攻撃しすぎたら、自民党の勢いを復活させるだけで、民主党が選挙に勝てなくなるから控えようなどと言っている議論は一つもない。独立した言論というのは、ためにするものではなくて、どこかの政党の論理や利害に従属するものではない。その禁を破れば、ブログは単に政党の世論工作の道具に堕してしまう。そして政治の主張というのは、どこまでも多数一般を説得して同意と共感を獲得するためのものである。したがって、常識に依拠しない政治的主張は公論として支持されることはなく、逆に、主張者の浮薄さや未熟さを露呈するだけの効果にしかならないのだ。

b0087409_13421246.jpg新聞が社会の公器であるという通念や前提に対して、個々の反証を示してその欺瞞を告発する議論はたしかにある。けれども、新聞やテレビに置き換わる言論機関が現実に存在せず、われわれが市民生活においてそれらに頼らざるを得ないこともまた事実である。マスコミは本来の社会の公器たるべく、その存在性に疑問符がつけられないよう、さらに公正な取材と報道につとめるべきだけれど、私は、ブログが社会の公器としての一般意義を獲得できるよう、その価値と内実を高めてゆきたいと思っている。ブログに対して屡々言われた誹謗文句は「俗情への迎合」であり、「俗論に阿ってアクセスを増やしたいのだろう」という悪質な動機批判の中傷だった。それが十字砲火で浴びせられ続けた。その動機批判は、しかし実際は批判者たちの自己投影であり、その証拠に、ブログを激越に誹謗中傷して扇動する者ほど、ブログが開発した方法や構成を盗み、鉄面皮な模倣を続けてきた事実がある。志の高い人間でなければ、よいブログは書けない。

民主党が再生するためには、新代表を選出して体制を一新することが必要である。

秋田魁新聞 11月7日 社説
 
この辞任騒ぎは一体、何だったのか。自民党との連立協議をめぐって、辞任を表明していた民主党の小沢一郎代表が一転、続投する意向を示した。党を挙げての慰留に心を動かされたのだろう。しかし、辞意の表明からわずか2日である。国会の会期中で、いくら混迷が許されない状況とはいえ、一連の言動はあまりに「軽い決断」ではないか。

新潟日報 11月7日 社説

なぜこういう決着になるのか理解できない。小沢氏抜きでは次の衆院選勝利はおぼつかない。フリーになった小沢氏は系列議員を引き連れて与党に転じる恐れがある。民主党が慰留にこだわったのはこうした理由だろう。小沢氏の剛腕を恐れ、辞意撤回を懇願する姿は無残である。政権獲得への気概も政策実現の熱意も感じられない。多くの国民もあきれかえっているのではないか。(中略)小沢氏におんぶにだっこの民主党とは何なのか。

信濃毎日新聞 11月7日 社説

なぜ続投するのか、辞意表明以上に分かりにくい。これで民主党を立て直すことができるのか心配がますます募る。民主党が国民の支持をつなぎ留めるには、政治的混乱を招いたことについて小沢氏から国民に説明し、謝罪することが出発点になる。そして連立路線をきっぱり否定し、選挙で政権交代を目指す姿勢をこれまで以上に鮮明にすることだ。

中日新聞  11月7日 社説

政治家が自身の出処進退について語った言葉は重い。一度口に出しながら、撤回するのは常識では考えられないことだ。そんなまねは一国の首相には許されない。小沢氏は野党の立場に甘えてはいないか。(中略)世間からみればおかしな話だ。民間企業が合併に失敗すれば、社長の首が飛ぶくらいの重大な事態だ。なのに、トップの責任を問う声がほとんど聞かれないまま、元の鞘に収まろうというのだから。(中略)国民に失望感を与えた民主党の立て直しは容易ではない。

神戸新聞  11月8日 社説

民主党の混乱は、深刻な政治不信を招きかねないものだった。それを「わたしの口下手、説明不足が一因」などと釈明されて、国民がすぐに納得できるだろうか。(中略)釈然としない部分は残った。なにより、あれだけ「政権交代可能な二大政党制」を訴えてきていながら、今回の会談で大連立構想を即座に拒否しなかったことを、どう説明するのか。(中略)「独断専行」との批判がある政治手法から党の基本路線まで、あらためて真意をただしたうえの「結束」なら分かる。それをせずに、ひとまず党内を収めたというのなら問題の先送りだろう。数日来のごたごたを見て、参院選で示された民意をどう受け止めていたのか、との批判も、簡単にはなくなるまい。

山陽新聞  11月8日 社説

「役員から不信任を突き付けられた」と息巻いていたのは数日前のことだ。野党第一党のトップとして言葉の軽さに失望を禁じ得ない。有権者の信頼をつなぎ止めるのは容易でなく、求心力回復の道のりは険しいと言わざるを得まい。(中略)「力量不足」「次期総選挙での勝利は厳しい」と小沢氏は先の辞任表明の席で政権担当能力を疑問視する辛らつな発言を行い党内から反発を買っていた。これについて「参院選に勝って浮かれていては衆院選で勝てない」という意味だと釈明したが言い訳の域を出ず、しこりは残った。

愛媛新聞  11月8日 社説

小沢氏は辞意表明をした際、「執行部をはじめ同僚議員に進退を委ねた」と述べていた。それを考えると、党の総意に従うのは筋だろう。が、政治家がいったん公の場で辞意を口にした重みをどう考えるのか。党を挙げた説得を受けたとはいえ、簡単に前言を翻すのでは軽率のそしりを免れまい。 自身だけでなく党への信頼を大きく損ねたことを、真摯に反省する必要がある。決して「口べただから」などという言い訳をすべきではない。

高知新聞 11月8日 社説

政権を担おうとする政党にしてはあまりにみっともない騒動だ。(中略)大連立構想、辞任表明、留任と騒ぎの連続であり、こうした小沢氏の前のめり姿勢は結局、党内をかき回す結果となった。そのしわ寄せは、先の参院選で民主躍進を支えた国民に向かう。 民主党は政権交代可能な二大政党制を訴えた。参院選での一票が軽んじられたと受け止める有権者もいるだろう。その失望は簡単にはぬぐえず政治不信につながりかねない。 小沢氏は続投に「衆院選挙に政治生命のすべてを懸ける」と述べた。この言葉にどこまで説得力があるのか。この騒動を見つめた冷ややかな民意を意識することだ。

西日本新聞 11月7日 社説

しかし、このような小沢氏の政治手法は政界では通用しても、国民には分かりにくい。政治不信を募らせるだけだ。鳩山由紀夫幹事長ら民主党幹部は、小沢氏が辞意を撤回すれば「自民党との連立の話は完全に消える」と言うが、果たして信じていいのだろうか。

南日本新聞 11月7日 社説

小沢代表は「あえて民主党が政権の一翼を担い、選挙で約束した政策を実行し、政権運営の実績を示すことが、民主党政権への近道である」とも言い切った。今さら連立を否定されても「覆水盆に返らず」である。党首としての見識を疑わざるを得ない。(中略)このまま小沢代表が続投しても指導力を発揮するのは困難だろう。続投を強く望むグループがある一方、混乱を招いた責任を厳しく問う勢力もある。党内に1度入った亀裂は修復しがたいのではないか。

沖縄タイムス 11月9日 社説

小沢一郎民主党代表の辞意撤回劇は、観衆を口あんぐりさせ、後味の悪さ、むなしさ、情けなさの感情だけを残して幕を閉じた。「いいかげんにしろ」という観衆の大ブーイングは、民主党にきちんと届いているだろうか。鳩山由紀夫幹事長は「雨降って地固まるという状況に変えていかなければならない」と語ったが、失った信用を回復するのは容易でない。(中略)この程度のことでプッツンし、職責を放棄する人に、果たして一国の総理が務まるのか、という疑問を有権者は感じたはずだ。


[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-09 23:30 | 大連立協議と小沢辞任
<< 六本木慰労会の夜は更けて - ... 昔のIndexに戻る 政策協議から政策連立への裏道 ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会