本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















守屋逮捕と利権の暗黒宇宙 - 秋山直紀からアーミテージまで
b0087409_1352377.jpgようやく守屋武昌の逮捕。朝刊記事(11/28)だけを読み較べると、朝日の取材が他を抜きん出ている。朝日の記事では、見出しに「政界ルート視野に捜査」の表記が入っていて、記事の中にも特捜部が防衛族議員の捜査に着手する見通しになったことが書かれている。他の新聞には政治家への言及はない。担当記者の博打の部分もあるだろうが、検事からのリーク取材で朝日の記者だけが「裏」を取ったということだろう。1面の見出しで他紙にない「政界ルート」の表記を入れる判断はデスクがする。デスクは記者に「裏は取ったのか」と確認をしたはずで、記者はデスクに検事からの取材内容を詳細に報告しているはずだ。「よしそれなら」と判断して見出しを打った。逆から見たとき、これは検察が朝日だけに「政治家への捜査」を漏らして書かせたという意味で、要するに国民一般への情報内示である。政治家を逮捕すると言っている。



b0087409_1355766.jpg防衛省疑獄では、週刊誌報道を中心にこれまで多くの政治家の名前があがってきた。最も早くに名前が出て、山田洋行との真っ黒な関係で取材陣に追いかけ回されたのは、額賀福志郎と久間章生の二人で、ゴルフにも同行しているし宴会にも同席している。その次に名前が出てきたのが、沖縄利権ルートでの小池百合子と山崎拓で、山岡俊介の『ストレイドッグ』では早い時期から疑惑が暴露されていた。久間章生は沖縄利権の方にもどっぷり漬かっていることが記事を読むとわかる。辺野古基地の滑走路建設の利権をめぐって小池百合子と守屋武昌が激しく対立し、久間章生が守屋武昌を裏切って小池百合子の側についた因縁が、今回の国会証人喚問で守屋武昌が久間章生の名前を吐いた理由だと言われている。週刊誌での沖縄利権を告発した報道は11月の初めまでで一巡し、その後に起きた小沢一郎の大連立ショックのために背後に霞んでしまった。

b0087409_1354672.jpg小沢騒動の混乱の後、報道の関心は「ねじれ国会」の問題となり、防衛省疑獄に対するマスコミの追及は額賀福志郎に対してのみ集中、特捜の捜査もすっかり停滞して時間を無駄遣いしている印象があった。が、その一方で、週刊誌の方は、日米平和・文化交流協会役員で利権フィクサーの秋山直紀に関する記事を書き、防衛利権が経世会が独占する金城湯池であった事情も紹介され、その関連で田村英昭の名前が出て、小沢一郎と東祥三が宮崎元伸から献金を受けていた事実も発覚した。秋山直紀こそ、まさに今回の疑獄事件の中心に位置する黒幕的存在で、ロッキード事件の児玉誉士夫を彷彿させる。民主党は例の濱田屋でのジム・アワーの宴会に同席した関係者として秋山直紀の参考人招致を求めているが、これはぜひ実現させてもらいたい。秋山直紀についてはネットの中に情報がない。秋山直紀の日米平和・文化協会、その傘下の安全保障研究所、そして安全保障議員協議会。

b0087409_1353596.jpgさらに日米安全保障戦略会議。これらこそが防衛利権の伏魔殿であり、膨大な国民の税金が伏魔殿に吸い込まれて、米資と商社と官僚と政治家の欲望の餌食となっていた。前原誠司はこの安全保障議員協議会の常任理事の地位にある。昨日の報道ステーションでは、これから秋山直紀が表に引っ張り出されて追及を受けるだろうという観測のコメントが出されていた。防衛疑獄の報道では週刊誌が頑張っていて、特に週刊ポストがよく全貌を掴んでいるように見える。山岡俊介か、あるいは週刊ポストの記者が報道ステーションのスタジオに毎晩張り付いてくれるといい。テレビ朝日はこの十年ほど報道機関としての取材力を完全に喪失して、全てのニュース番組がワイドショーのくっちゃべりの時間になった。自分の頭で考えて事件を取材する記者がいない。民放の報道番組がジャーナリズムではなく芸能界の世界になっている。加藤千洋でさえも、防衛疑獄については週刊ポストの半分の情報も持ってないのではないか。

b0087409_136728.jpg捜査はこれからどう進むのだろう。朝日が書いた「政界ルート」の捜査対象の国会議員とは誰のことだろう。額賀福志郎と久間章生は確定として、捜査の照準の中心に秋山直紀が据定されれば、安全保障議員協議会の疑惑に手が伸び、そこでヘリテージ財団のために精力的に活動している前原誠司も射程に入る可能性がある。沖縄利権、グァム利権の方に向かえば、小池百合子山崎拓、飯島勲などへと捜査の手が伸びて行く。防衛利権は全体像が巨大で、疑惑の構図は小宇宙の渦を作りながら果てしなくどこまでも広がってゆく。守屋武昌はその疑獄宇宙の入り口に立つ人物で、山田洋行は巨大な宇宙の一部に過ぎない。沖縄利権は山田洋行とは別ルートの小宇宙となる。広がりは米国に及び、これも週刊誌で名前が出たが、あのアーミテージ(元国務副長官)が米国内で追及を受けるのではないかという観測がある。米議会の公聴会に召喚されたら嘘はつけない。誰からいくらカネをもらったか、カネをもらって日本で何をしたのか、洗いざらい真実を証言せざるを得なくなる。

もしアーミテージへの聴聞会が実現できれば、インド洋給油活動は言わずもがな、自衛隊のイラクからの全面撤退へと繋がるだろう。
b0087409_1361942.jpg
b0087409_1543169.jpg
【C M】
東京に木枯らしが吹いて...気がつけば..いつの間にか...

Google検索ランキングで、守屋武昌が第9位、秋山直紀が第1位、宮崎元伸が第2位。

岡崎栄は瞬時に第4位を獲得。

これぞ、γブログ 『世に倦む日日』 のネットパフォ...。

[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-28 23:30 | 防衛省疑獄事件
<< 守屋逮捕の法理 - 接待ゴルフ... 昔のIndexに戻る 守屋武昌への強制捜査と政局分析... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会