本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















果てしなく続く政治の季節 - 戦場化された国民生活と日常意識
b0087409_1525121.jpg長い長い政治の季節が続いている。二年前の夏の総選挙から始まった政治の激動が、そのまま途切れず、安定することなく、揺れながらわれわれの日常を覆っている。人々の政治への関心は確かに高まっていて、それは国民の生活が苦しくなって不安でどうしようもないからで、経済と生活の打開を求めて、人は否応なく政治に関心を向けるのである。小泉改革が熱狂的に支持されたのも、人々の生活の困窮と逼迫が直接の要因だった。小泉・竹中の構造改革を通じて楽園へ行こうと希求したのである。小泉純一郎と竹中平蔵に騙され、電通と民放の宣伝に騙されたのだ。国民の暮らしは二年前より昨年、昨年より今年と確実に悪化している。それは経済の弱体な地方ほど顕著なはずで、いわゆる三位一体改革の負の波及効果が出て、地方経済は確実に打撃を受けているはずだ。二年半前に(騙されて)投票した結果の報いを受けているのである。中産層の内実を保持した生き方ができたときは、人は政治に強い関心を持たずに済んだ。



b0087409_1531360.jpg定職と定収と貯金と年金があるときは、それが安定しているときは、人は安んじて政治に無関心でいられた。他のことに夢中になることができた。20年前から振り返ると、バブルの頃は蓄財と投機とゴルフとブランド買い物と海外旅行に夢中になり、バブルが崩壊してからは、ラーメンと鍋料理と日帰り温泉と桜見物と紅葉見物の地味な消費が流行った。テレビ東京が夢のないB級グルメで番組を作るようになった。そのうち五木寛之の仏教が流行るようになり、それも数年前は寺院の仏像や庭園を見物する文化的な需要だったものが、最近ではカネがなくて病院に行けない人間が救済と往生のために五木仏教にすがりついている。新自由主義のおかげで五木寛之の仏教ビジネスが繁盛しているのだ。そして今は、人々の財布が空っぽになり、需要を起こして回せる商品が何もなく、ヒステリックな政治番組で騒ぐ以外になくなった。需要は政治なのだ。政治で騒ぐのはカネを使わず無料でできる。テリー伊藤とみのもんたとビートたけしと太田光の政治番組。

b0087409_1532890.jpg狂躁状態が続く中の政治の激動。今年は統一地方選があり、参院選があり、自民党総裁選があり、小沢一郎の大連立騒動があった。途切れることのない政治狂騒が続き、全ての人間が振り回され、振り回されながら振り回しに加わり、振り回しながら振り回されていた。中産層が破壊されて両極分解した日本では、誰も政治に無関心ではいられない。勝ち組に収まった人間たちは、自己の地位を防衛し、堅固な階級として永続化するために、新自由主義の政治体制を守らなくてはならない。テリー伊藤とみのもんたとビートたけしと橋下徹の新自由主義タレントをテレビに出し続け、大衆を洗脳教化する言説をシャワーし続け、大衆が選挙で新自由主義政党以外に投票するのを阻止しなければならない。政治の現場は、プロレタリア化した大衆とそれを操作誘導する新自由主義テレビの狂躁の駆け引きなのであり、その成り行きの何如で選挙の勝敗が決まる。今年の参院選は、想定外の年金問題が突如浮上して、そのため計画が狂い、新自由主義テレビによるプロレタリア誘導工作が失敗した。

b0087409_1572390.jpg新自由主義支配層の側にとっても現在はまだ過渡期なのだ。完全に階級固定が完成していない。構造が固まって軋轢なく自然循環するようになっていない。高卒の親の子は高卒で下層の仕事と所得という社会観念が何の不自然も痛痒もなく一般に受け入れられる社会になっていない。改革経済(リストラ)と改革政治(負担増)でプロレタリアに没落させられた層が諦めていない。米国や英国のモデルのように出来上がっていない。日本における新自由主義の革命は未だ未完の革命に終わっていて、これを完成させるためには消費税を20%に上げ、国民皆保険制度を消滅させなければならない。公立高校を減らし、その学費を私立高並みに上げなければならない。非正規労働者比率を全体の5割以上に上げ、全労働人口の5%を中国人就労者で構成しなくてはいけない。生活保護水準以下の貧困労働層の比率を全体の3割に上げ、餓死者の数を最低でも年間千人以上に上げなくてはいけない。そうでなくては新自由主義革命とは言えない。国民の方から政府に徴兵制を依願するまで、若年失業者の数を増やさなくてはいけない。

b0087409_1535863.jpg来年も政治の季節が続く。富裕層の新自由主義者は現体制を政治的に守らなければ自分が没落する。経済的没落の下降途上にある保守中間層は、しがみつく藁を求めて政治番組の狂騒に興奮し、テリー伊藤のヒステリックなプロパガンダのシャワーを浴びて新自由主義確信病に感染する。没落したプロレタリアは、再び体制内上昇する契機を政治に求めて適わず、周囲の弱者を苛め、暴力と虐待と誹謗中傷で憂さ晴らしをする。政治狂躁の渦中に生きている間は、まさにそこは戦場であり、毎日が生きるか死ぬかの世界であり、紅白歌合戦とゆく年くる年で大晦日の夜を静かに送って、一年を締めくくり新年を迎えるという心境にはなれないのだ。それは中産層の市民生活でありライフスタイルなのだ。新自由主義は全ての人間の精神を荒廃させる。全ての人間を獣に変える。富裕層とて嘗てのマイルドな人間類型ではない。新自由主義における富裕層とは、堀江貴文や三木谷浩史や折口雅博の人間類型である。竹中平蔵や安倍晋三や中川秀直や小泉純一郎の人間類型である。弱者を見つけて襲いかかり肉を啄ばむハゲタカこそが理想的な人間モデル。

正気を失った日本で年が変わる。疲れながら、それに身を合わせざるを得ない。戦場心理とお祭り騒ぎの狂躁の中で、来年の政治がある。途切れのない政治が続く。2005年から始まった激動が四年目を迎える。途切れのない政治。越年国会はまさに象徴的だ。おそらく、解散総選挙へと行く前に政界再編の騒ぎが起きるだろう。例えば、自民党の一部(小泉チルドレン)が割れて、民主党の一部(前原G)とくっつこうとするかも知れない。過渡的な保守三大政党とその合従連衡の政治形態ができるかも知れない。新自由主義革命のために。新自由主義にとっては、革命の速度を鈍らせる「ねじれ」の権力状態は具合が悪いのだ。

b0087409_133203.jpg

[PR]
by thessalonike4 | 2007-12-24 23:30 | 福田政権・2008年総選挙
<< 「NEWS23」の生活破壊特集... 昔のIndexに戻る 石川啄木「一握の砂」を読む -... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会