本と映画と政治の批評
by thessalonike4
カテゴリ
チベット暴動と北京五輪
ガソリン国会と後期高齢者医療
新自由主義と福祉国家
ワーキングプアと社会保障
山口県光市母子殺害事件
福田政権・2008年総選挙
米国大統領選挙
田中宇と世界金融経済
イージス艦衝突事故
イスラエルのガザ侵攻
岩国市長選挙
防衛省疑獄事件
大連立協議と小沢辞任
民主党 ・ 2007年参院選
安倍政権
憲法 ・ 皇室
戦争 ・ 昭和天皇 ・ 靖国問題
韓国 ・ 北朝鮮 ・ 拉致
共謀罪 ・ 教育基本法改正
村上世彰インサイダー事件
オー・マイ・カッシーニ
ネット市民社会
丸山真男
辺見庸
奈良紀行
その他

access countベキコ
since 2004.9.1


















カテゴリ:大連立協議と小沢辞任( 14 )
小沢一郎の策動と詭弁と - 朝日新聞も森田実も決別宣言へ
b0087409_1127998.jpg現時点で情勢はまだ流動的でどう転ぶか分からない。朝日新聞の朝刊を読んだかぎりでは代表辞任で確定の方向だが、毎日新聞の記事では党執行部と小沢一郎の間で代表留任の条件闘争が続いている感がある。昨日の辞任会見でも、小沢一郎は「執行部をはじめ同僚議員に進退を委ねた」と言っている。辞任を確定させてこれで終わりという表現ではなく、含みを残している。役員会が恒久法成立と連立協議を受け入れれば、代表復帰もあり得るという含意が読み取れる。要するに小沢一郎が目論んでいるのは、党内で小沢支持の声を少しでも多く上げさせて、あわよくば恒久法と連立協議の路線に党の多数を妥協させるか、あるいは自分と一緒に党を出る仲間を一人でも多く集めようということだろう。毎日の記事では、西岡武夫が小沢一郎に同調して役員会批判をしている。昨夜のNHKでは渡部恒三が小沢支持の発言をしていた。   (下に新聞社説一覧紹介)

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-05 11:30 | 大連立協議と小沢辞任
国民との公約の反故 - 有権者はなぜ契約破棄に怒らないのか
b0087409_14235894.jpg大連立の騒動がなければ、この週末の政治番組は福田政権の手詰まりが大きく前面に出された報道内容になっていた。また、政府税調が来年度答申で「消費税増税」を盛り込むことが確実となったニュースも取り上げられ、各番組で議論されて視聴者の関心を喚起していたことだろう。それから、鳩山邦夫の不適切なテロリスト発言が話題にされ、閣僚の資質に疑問の声が上げられていただろう。今度の大連立協議のハプニングによって日本の政治の空気は一変してしまった感がする。窮地に追い詰められていたのは自民党だったはずだが、民主党も同じほど混乱と瓦解の危機に立たされた印象がある。まず、諦めムードだった新テロ特措法が息を吹き返した。これまで世論の賛否が拮抗していたのが、守屋武昌の証人喚問があり、特捜の手が政治家に伸び、補給艦の航海日誌の改竄事実が明るみに出る最悪の局面に及んで、新聞とNHKも今国会での衆院再議決困難の観測で論調を一致させていた。 

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-04 23:30 | 大連立協議と小沢辞任
小沢一郎の欺瞞と裏切り - オポチュニズムの政治と大連立協議
b0087409_14253978.jpg本屋の店頭に辺見庸の新刊 『たんば色の覚書』 が並べ置かれていて、手にとって読んでいると、その中のエッセイに面白い内容が書かれていた。資本主義の最終段階においては、資本は人間の労働力ではなくて意識を収奪の対象にする。誰かの詩人の議論の紹介だったが、いつものように辺見庸の省察の鋭さがあり、そして辺見庸の勉強熱心に感心させられる。資本が人間の意識を収奪する段階。その説明に用いられたわれわれの現実は次のようなものだった。すなわち、自民党の政権公約コピーも、民主党の政権公約コピーも、どちらも同じ広告代理店が商売で作ったものであり、党首や幹部は自分の政治理念など言葉として露ほども持っておらず、広告代理店が党本部に商品納入したコピーを政治家の言葉として軽く吐く。民主党を支持する国民は、広告代理店が作った商品の自民党批判コピートークを頭で受け入れ、民主党に一票入れる。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-11-03 23:30 | 大連立協議と小沢辞任
党首会談の解読 - 消費税増税の断行、政策連立、消費税選挙
b0087409_14134132.jpg昨日(10/30)、電撃的に行われた福田首相と小沢代表の党首会談の裏を読み解く。最初に結論を言うと、これは消費税増税の合意をとるために福田政権が持ちかけたものである。新テロ特措法の協議というのは口実で、マスコミ報道用のカムフラージュに過ぎない。目的は消費税だ。新テロ特措法を断念するから消費税増税で合意してくれという取引を持ちかけた。福田首相は新テロ特措法については、すでに成立困難で見通しを固めている。11月の訪米は新テロ特措法の不首尾の陳謝と弁解、そして来年度の米軍再編予算の詰めの協議のためであり、ブッシュ政権もそのアジェンダで了承しており、自衛隊によるインド洋の補給は来年のリソースから外している。新テロ特措法は死に体の政治案件であり、だからこそ、取引の材料に使えるのである。鳩山由紀夫が言うとおり、確かに福田政権は追い詰められている。

More
[PR]
by thessalonike4 | 2007-10-31 23:30 | 大連立協議と小沢辞任
昔のIndexに戻る


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

衛藤征士郎
八重洲書房
加藤智大
八王子通り魔事件
吉川洋
神野直彦
サーカシビリ
敗北を抱きしめて
苅田港毒ガス弾
道義的責任
可能性の芸術
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
小泉崇
アテネ民主政治
二段階革命論
影の銀行システム
特別な一日
ボナパルティズム
鎮護国家
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
古館伊知郎
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
反貧困フェスタ2008
舩渡健
エバンジェリズム
ワーキングプアⅢ
新自由主義
国谷裕子
大田弘子
カーボンチャンス
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
浜四津代表代行
江田五月
馬渕澄夫
末松義規
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
B層
安晋会
護憲派
創共協定
全野党共闘
二大政党制
大連立協議
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
マルクス再生産表式
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会